日本、IWC脱退を表明 来年7月から商業捕鯨を再開

日本、IWC脱退を表明 来年7月から商業捕鯨を再開:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: エコロジー(生態学), 気になるニュース | 日本、IWC脱退を表明 来年7月から商業捕鯨を再開 はコメントを受け付けていません。

イオンは店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにする「イオン脱炭素ビジョン2050」を策定した

「イオン 脱炭素ビジョン2050」を(PDF)より 続きを読む

カテゴリー: エコロジー(生態学), 気になるニュース | イオンは店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにする「イオン脱炭素ビジョン2050」を策定した はコメントを受け付けていません。

脊髄損傷の再生医療、リハビリも進化 ロボが歩行手助け

脊髄損傷の再生医療、リハビリも進化 ロボが歩行手助け:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 脊髄損傷の再生医療、リハビリも進化 ロボが歩行手助け はコメントを受け付けていません。

NHK元記者「森友報道で上層部が介入」 局側は反論

NHK元記者「森友報道で上層部が介入」 局側は反論:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース | NHK元記者「森友報道で上層部が介入」 局側は反論 はコメントを受け付けていません。

火山噴火 口永良部島が噴火、3年半ぶり火砕流 自主避難呼びかけ

口永良部島が噴火、3年半ぶり火砕流 自主避難呼びかけ:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 火山噴火 口永良部島が噴火、3年半ぶり火砕流 自主避難呼びかけ はコメントを受け付けていません。

最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開 ナショジオのリンク シュメール文明

最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開 2016.03.16 | ナショナルジオグラフィック日本版サイトより 続きを読む

カテゴリー: 考古学 | 最古の国際都市ウル、50年ぶり発掘再開 ナショジオのリンク シュメール文明 はコメントを受け付けていません。

各戸で発電、地区でシェア 全国初、名古屋のマンション

各戸で発電、地区でシェア 全国初、名古屋のマンション:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 各戸で発電、地区でシェア 全国初、名古屋のマンション はコメントを受け付けていません。

男女平等度、日本またG7最下位どころか149カ国中110位 1位は10年連続同じ

男女平等度、日本またG7最下位 1位は10年連続同じ:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 男女平等度、日本またG7最下位どころか149カ国中110位 1位は10年連続同じ はコメントを受け付けていません。

来訪神、日本各地に伝わる背景は? 民俗学者が読み解く

もっと東アジア全域を視ないと。
来訪神、日本各地に伝わる背景は? 民俗学者が読み解く:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | 来訪神、日本各地に伝わる背景は? 民俗学者が読み解く はコメントを受け付けていません。

古墳時代の地中梁、鳥取で 軟弱地盤に基礎、技術確立

古墳時代の地中梁、鳥取で 軟弱地盤に基礎、技術確立:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース, 考古学 | 古墳時代の地中梁、鳥取で 軟弱地盤に基礎、技術確立 はコメントを受け付けていません。

岡山城にエレベーター新設 岡山市、21年度着工目指す

岡山城にエレベーター新設 岡山市、21年度着工目指す: 山陽新聞デジタル|さんデジより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース, 福祉のまちづくり | 岡山城にエレベーター新設 岡山市、21年度着工目指す はコメントを受け付けていません。

1/12(土)シリーズ「地域で自分らしく生きる」 第2回は映画「むかしMattoの町があった」上映&講演会

シリーズ「地域で自分らしく生きる」
第2回は映画「むかしMattoの町があった」上映&講演会

監督:マルコ・トゥルコ 製作:2010年 第1部(96分)、第2部(102分)

イタリアは精神科病院を全部廃止しました。その精神保健改革の中心になった街トリエステ。上映後はトリエステに留学し、包括的地域精神保健サービスの活動を目の当たりにしてきた小村絹恵さんに「改革後も『脱制度化』の道は終らない…」と前進し続けるトリエステの今についてお話を聞きます。

2019年1月12日(土)

10:00~ 開場
10:20~ 「むかしMattoの町があった」
       第1部 上映
12:10~ 休憩 限定50食(300円) HITのお弁当販売!
          わんさかわだちパウンドケーキ・コーヒー販売!
          ちっぷり 雑貨販売!
13:00~ 「むかしMattoの町があった」
       第2部 上映
15:00~ 小村 絹恵さん「トリエステの今」講演
16:30  終了

場所:リゲッタ
IKUNOホール (生野区民センター)

入場無料

小村絹恵プロフィール
現在、佛教大学・大谷大学 非常勤講師。佛教大学社会福祉学修士課程修了。 精神科病院・地域精神保健事業所で勤務
2016年9月~2017年8月までトリエステ大学へ留学、その間トリエステ精神保健局内で参与観察を行う。大阪府池田市にて市民活動『ほほ笑みの街プロジェクト』などを立ち上げ奮闘中。

主催■「地域で自分らしく生きる」をめざす実行委員会
共催■生野区社会福祉協議会
協賛■あでらんて/生野市民活動支援センター/生野みんなの家/医療保護入院制度を考える会/クリンもだん(聖公会)/特定非営利活動法人クロスベイス/こころと絆プロジェクト/生野共働の家こさり/スリーピース/出発(たびだち)のなかまの会/ちっぷり精神障がい者支援の会ヒット(HIT)/一般社団法人ひとことつむぐ/フェリスモンテ/ほほ笑みの街プロジェクト/居酒屋 桃源/(株)ワークロード/輪母ネットワーク/
問い合わせ■生野区社会福祉協議会 (06-6712-3101)


カテゴリー: 雑記 | 1/12(土)シリーズ「地域で自分らしく生きる」 第2回は映画「むかしMattoの町があった」上映&講演会 はコメントを受け付けていません。

昇降ロープ式ホームドア、大阪阿部野橋で15日使用開始 近鉄

昇降ロープ式ホームドア、大阪阿部野橋で15日使用開始 近鉄 | 乗りものニュースより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース, 福祉のまちづくり | 昇降ロープ式ホームドア、大阪阿部野橋で15日使用開始 近鉄 はコメントを受け付けていません。

行基集団の活動のリンクとか

関西大学学術リポジトリ: 行基と知識集団の考古学的研究(PDF 2012年)
『第3項摂津の開発
崐陽池(図15・16)
摂津での行基の開発の痕跡として残るのは、「崐陽上池」(兵庫県伊丹市)があり、現在も残る昆陽池がそれに該当する。『行基年譜』には、「天平十三年記」に「崐陽上池 同下池 院前池 中布施尾池、長江池 巳上並五所河邊郡山本里」とあり、また、溝の項には、「昆陽上溝」「同下池溝」も築かれており、この周辺に集中して池や溝を築いたことがわかる。今述べたように、「崐陽上池」は、現在の昆陽池が該当し、「下池」はかつて「上池」の西側に存在した下池がそれに該当するようである。昆陽池は、現在、一部埋め立てられており規模が縮小しているものの27.8haを誇り、江戸時代には、昆陽・池尻・寺本の3ヶ村に水を供給していた。一方の下池は、池尻・山田・野間・友行・時友の5ヶ村に水を供給していたが、1608(慶長13)年に埋め立てられた。また、「崐陽上溝」「下池溝」は、天神川と天王寺川に当てる考えがある【坂井2008]。しかし、この論については、『行基年譜』にみえる「崐陽上溝長一千二百丈、広六尺、深四尺」「同下池溝長一千二百丈、広六尺、深六尺」より規模が大きいとの理由で、天神川と天王寺川にはあたらないとの考え方もある[吉田1987]。「上池」「下池」とも「昆陽池陥没帯」と称される谷地形を利用して築造されている。両池とも発掘調査が実施されていないので、古代の様相は不明。現在、昆陽池には、北側から天神川、天王寺川が流れ込んで水源となっているが、坂井説によれば、これら両川は「上溝」「下溝」にあたるという。正確には、これら2河川の「起源となった溝」であるという。これら2溝に比定できる遺構が、宝塚市の山本垣内遺跡で発見された[兵庫県教委1998](図16)。溝SD04としたものがそれに該当し、最大幅11m、深さ1.8mを測る大溝である。構内からは、奈良時代の土器が出土している。これが人工的に掘削された大溝で、行基が築造した「崐陽上溝」にあたり、「崐陽上池」へと導水するための溝と考えられているものである。また、連接して掘立柱建物も建設されており、この溝を管理するための施設の可能性も示唆されている。この調査地が山本里に位置することや、昆陽池との位置関係、時代を考慮すると、報告あるいは坂井氏の考察通り「上溝」「下溝」の可能性は高いと考える。
これら一連の池、溝の築造は、伊丹台地の開発を目指したものであることは疑いない。さらに、行基は、『行基年譜』によると、741(天平13)年に泉橋院にて聖武天皇と会談し、猪名野の地に「給孤独園」とよばれる身寄りの無い人の収容施設を作ることを許可される。この運営にあたっては、樽独田150町の収穫を充てたと考えられる。このためにも伊丹台地の開発は必須条件であった。しかし、伊丹台地は、丘陵上で溜池を築く必要があり、築かれたのが現在の昆陽池にあたる「崐陽上池」をはじめとする溜池群で、それに伴い必要となる山手からの導水施設として築造されたのが、「上溝」「下溝」であり、宝塚市・山本垣内遺跡で発見された大溝が、この「上溝」の一部である。これらの両溝は、現在の天神川と天王寺川にあたると考えられるのである。このような行基の一連の地溝開発により伊丹台地での生産体制が確立されたといってよい。』

NAGOYA Repository: 古代寺院と行基集団 -和泉地域における奈良時代寺院の動向と「行基四十九院」-(PDF 2010年)より
『和泉地域において既存寺院の修造が活発化したと考えられる 720年代~ 730年代は、まだ律令国家と行基との関係がさほど好転している時期とはいえず、行基の活動への報償を国家が積極的に与えるということも考えにくいのではないだろうか。
また、行基が和泉地域の寺院の修造に積極的にかかわった可能性も、むしろ薄いと筆者は考える。大野寺の文字瓦をみると、百済公や土師連をはじめ、信太寺の造営氏族である信太首、坂本寺の造営氏族である坂本臣、他にも大鳥連や日根連など、和泉各地の有力氏族が大野寺の造営に参画していたことは疑いない。しかし、にもかかわらず、大野寺と同笵や同文の瓦が、これらの氏族寺院にはまったく使用されておらず、またこれら知識を示す人名文字瓦も、大野寺以外の諸寺ではまったく出土していない。このことはむしろ、大野寺の造営にもちいられた、行基集団の大きな労働力は、在地寺院の修造には向けられなかったことを想起させる。
さらに、これら奈良時代前半に修造された在地の郷名寺院が、いずれも「行基四十九院」の中に入っていないことは、行基に深く帰依し、その活動を積極的に援助していた和泉の在地氏族たちが、自らの経営する寺院を、行基集団に提供・寄進していないという事実を示すものといえよう。それは、行基集団の側からいえば、在地の有力氏族に対して、労働力など種々の援助をうけながら、布教の場としての寺院、それも既存の寺院の提供という、いちばん容易に要求できるであろうことを求めていないと考えることもできよう。
こういったことを考え合わせると、行基およびその集団の活動として、寺院の造営や修造、維持管理といった方面への意識の薄さが、むしろ導き出せるのではないだろうか。
考えてみれば、行基集団の事業は、あくまで池溝や港湾の開発や架橋、布施屋の設置など、直接民衆が潤う事業にその主眼が向けられている。在地有力者層の援助も、行基の宗教性よりむしろ、こういった実利的な活動への理解であった可能性もあろう。「行基四十九院」も、寺院としてそれ単独というよりむしろ、これら池溝や橋に隣接して設けられており、宗教施設というよりむしろ、諸施設の維持管理の役割が強かったようにも感じさせる。』



伊丹廃寺は昆陽施院では無さそうです。


カテゴリー: 考古学 | 行基集団の活動のリンクとか はコメントを受け付けていません。

伊丹市立博物館機能移転複合化事業(案)のパブリックコメント募集 車椅子ユーザーの導線やエレベータ・多機能トイレの表示が無い!

みやのまえ文化の郷再整備事業基本計画(伊丹市立博物館機能移転複合化事業)(案)/伊丹市ホームページより 続きを読む

カテゴリー: パブリックコメント | 伊丹市立博物館機能移転複合化事業(案)のパブリックコメント募集 車椅子ユーザーの導線やエレベータ・多機能トイレの表示が無い! はコメントを受け付けていません。

滋賀県が「滋賀県障害者差別のない共生社会づくり条例要綱案」に対するパブリックコメントを募集しています

「滋賀県障害者差別のない共生社会づくり条例要綱案」に対するご意見の募集について/滋賀県より 続きを読む

カテゴリー: パブリックコメント, 障害福祉 | 滋賀県が「滋賀県障害者差別のない共生社会づくり条例要綱案」に対するパブリックコメントを募集しています はコメントを受け付けていません。

テスラによる世界最大規模の蓄電システムが約45億円もの節約に貢献し大成功を収める – GIGAZINEリンク

テスラによる世界最大規模の蓄電システムが約45億円もの節約に貢献し大成功を収める – GIGAZINEより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース | テスラによる世界最大規模の蓄電システムが約45億円もの節約に貢献し大成功を収める – GIGAZINEリンク はコメントを受け付けていません。

12/23(日)「風は生きよという」上映会 & 障害当事者等によるトークセッション@北播磨

「風は生きよという」上映会 & 障害当事者等によるトークセッション

北播磨地域での重度障害者の地域生活をテーマに、障害者支援に関心をもつ人や共感者の緩やかなネットワーク作りと、障害福祉サービスの活性化を目的に、当事者発信のイベントを企画しました。

■日 時 2018年12月23日(日) 13:00~
※ バリアフリー字幕、音声ガイド付上映です
■会 場 小野市うるおい交流館エクラ 大会議室
(兵庫県小野市中島町72番地)
■料 金 500円(介助者無料)
■定 員 100名
■主 催 北播磨「風生き」上映実行委員会
■お問合せ メール:info@npofukinotou.com / FAX:0790−47−2082

⭐︎前半は ドキュメンタリー「風は生きよという」上映会

“もしもあなたが、病気や障害のために身体を動かせなくなったとしたら、どんな人生を想像しますか? 映画が映し出したのは、ふつうの街でふつうの生活を送る人びと。特別なことといえば、呼吸するための道具・人工呼吸器を使用していることくらい。(略)…いま、呼吸器はお弁当箱(サイズ)に様変わり。散歩も旅行も買い物も、ひとり暮らしさえも可能にしてくれた。”

重度障害者といわれる呼吸器ユーザー達が、介助者(ヘルパー)や多くの人の支援を受けながら生活(一人暮らし)を営む日々を映し出しています。
北播磨は、重度障害者の「地域での自立生活」という考え方が浸透していない地域でもあります。
そこでまず、映画を通して介助者とともに地域で自立生活を営む当事者達の日常を知るきっかけとしました。

メインで出演している 1977年生まれ東京在住の海老原宏美さんは、生後1歳半で脊髄性筋萎縮症と診断を受けます。非常にアグレッシブでユニークでキュートな女性です。自立生活センター東大和で障害者の地域生活に関わる権利擁護・相談支援活動等をされており、「平成28年度 東京都女性活躍推進大賞」を受賞されました。

国の施策は「施設から地域生活へ」と舵を切っていますが、その地域生活を支える訪問系サービスの担い手が乏しく、現実は非常に厳しいものとなっています。地域生活を続けていくためには介助者の人手不足解消が喫緊の課題です。特に当地域は、県内でサービス供給量が最も低いと、第5期兵庫県障害福祉推進計画の数字にも表れています。

⭐︎後半のトークセッション

北播磨の障害当事者・家族・現役ヘルパー・事業所運営者・相談支援専門員のスピーカー達が、当事者達の思い、当地域の支援体制の現状や課題等を参加者とともに考え話し合います。

【スピーカー】
藤本あさみ(障害当事者・当イベント実行委員長)
高嶋 義之(障害当事者・社会福祉士)
宮野 秀樹(障害当事者・事業所運営)
西川由美子(当事者家族)
栗山 和久 (ベテラン介助者)
【コーディネーター】
濱垣 隆之(相談支援専門員)

⭐︎申込み方法 …メールまたはFAXにて

(電話受付はしていません)
■必要事項
メール等の件名に「12/23 申込み」と記入。お名前・日中連絡先・FAX・参加人数・車いす使用有無・介助者の有無・連絡事項等

■申込先👉福祉の相談所「ふきのとう」
■お問合せ メール:info@npofukinotou.com / FAX:0790−47−2082

主催:北はりま「風生き」上映実行委員会
協賛:社会福祉法人 日の出福祉会 ふたばの里
後援:加西市/加東市/多可町/西脇市/三木市/小野市/小野市社会福祉協議会


カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 | 12/23(日)「風は生きよという」上映会 & 障害当事者等によるトークセッション@北播磨 はコメントを受け付けていません。

Monday Caffe` + イケダ大学 12月援業 Merry Christmas!

ちょっと気になる? 誰でも気軽に!
Monday Caffe + イケダ大学 12月援業 Merry Christmas!


2018/12/10 1630~18:00 辻井由紀子さん
『泣いた赤おに』(作:浜田広介)を一緒に読もう会
赤おに・青おに・村人をイメージカラーで表すとしたら??
赤おには、なぜ村人と仲良くなりたかったのでしょう?
声に出して読んでから、一緒に考えてみませんか
●持ち物:本・絵本あればお持ちください。コピー希望の場合は実費(30円程度)が必要です。
●連絡先:(チラシ参照)予約歓迎
●参加費:500円(ハーブティー付) 子どもは無料です!


「子ども食堂いろは」コラボ企画!
2018/12/24 クリスマスコンサート♫
15:00~ Kayo
川西市出身。ダンス・声楽・ミュージカルを経て、2013年より関西を中心にソロ活動。ライブバーなどでも活躍中

15:45~「TSUNAGU」 Violin うしおあつこ
大阪音楽大学卒業、ブリーの演奏家としての活動を経て、現在宝塚歌劇オーケストラに所属。また、「TSUNAGU」として、施設やイベントで演奏する。Piano 中村芳美

16:30~ "Trio Affettuoso"
息子の歌と両親のリコーダー伴奏によるアンサンブル。
主に童謡ですが、ジャンルも楽器も(?)超えていろいろ演奏

17:00~「子ども食堂いろは」のディナー♫
    【12月の「いろは」は、6(木)と24(祝・月)】

17:45~18:45「こどものてつがく」菱田伊駒さん
子ども達のおたかな想像力・発想力が自由な空間で発揮!
てつがくって実は面白かった!

※費用は、子ども食堂とMonday Caffe利用時だけ。
 音楽と人のぬくもりあるクリスマスを過ごしませんか。


★クリスマスは「イケダ大学」&「こども食堂いろは」のコラボ企画!音楽に満たされるクリスマス♫
 ひとりで過ごすより、ちょっといいかも!
★辻井さんの一緒に読もう会も、ぜひお楽しみに♪
★Monday Caffe`もOPEN!(13~18時)
 寒い冬をほっこりと、お待ちしています。


企画:市民でつくる「ほほ笑みの街プロジェクト」
連絡先:ほほ笑みの街プロジェクトFB
Eメールはチラシ参照

場所は、自然食レストラン「ばんまい」
(池田市鉢塚3-15-5A)
毎月第2第4月曜日に開講!
誰でも自由に参加できる大学です。


カテゴリー: 近所 | Monday Caffe` + イケダ大学 12月援業 Merry Christmas! はコメントを受け付けていません。

在宅勤務時も訪問介護サービスを さいたま市、国に要望

在宅勤務時も訪問介護サービスを さいたま市、国に要望:朝日新聞デジタルより 続きを読む

カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 | 在宅勤務時も訪問介護サービスを さいたま市、国に要望 はコメントを受け付けていません。