FIM(Functional Independence Measure:機能的自立度評価表)

FIMとは、機能的自立度評価表(Functional Independence Measure)の略で、1983年にGrangerらによって開発されたADL評価法です。
特に介護負担度の評価が可能であり、ADL評価法の中でも、最も信頼性と妥当性があると言われ、リハビリの分野などで幅広く活用されております。
バーセル指数(BDに代わり,米国を中心に国際的に普及しつつあるADLの評価法です。
セルフケア8項目、移乗3項目、移動2項目に、コミュニケーション2項目、社会的認知3項目の計18項目からなります。
評価レベルは自立、介助に大別し、自立2段階介助は部分介助(3段階)と完全介助(2段階)に分け、7段階からなります。
各得点は最高7、最低1となり、18項目の総得点は最高126、最低18です。
BIとの高い相関があり、しかも変化を感知する鋭敏度が高いことが示されています。
FIMは、「している ADL」を評価するため、患者に動作をさせて採点するのではなく、日常生活における実際の動作を観察します。

採点は 1 点から 7 点までの 7 段階評価で行い、介助が必要かどうかによって自立と介助を分類します。7 点は完全自立、6 点は修正自立(補助具が必要、通常以上の時間がかかる、安全性の考慮が必要)で、介助が必要な場合は、介助量に応じて 5 段階に細分します。
5 点は監視や準備が必要ですが、直接身体に触れる介助は不要です。4 点以下は直接身体に触れての介助を要し、介助量が 25%未満は 4 点、25 ~ 50%未満は 3 点、50 ~ 75%未満は2 点、75%以上は 1 点となります。ただ、認知項目は 5 点と 4 点の採点基準が多少異なるため、注意が必要です。
評価基準に沿って採点しても、日内変動、場面、状況の違いにより、評価結果の相違は当然出てくることが考えられます。この場合、低いほうの点数をつけます。

レベル    
運動項目  
機能的自立 介助者なし
7 完全自立(時間、安全性を含め)
6 修正自立 (補助具使用)
部分介助 介助者あり
5 監視、準備
4 最小介助(75%以上自分で行う)
3 中等度介助(50%以上)
完全介助
2 最大介助(25%以上)
1 全介助(25%未満)
認知項目  
5 監視、準備(90%移乗自分で行う)  
4 最小介助(75%以上自分で行う)  
  その他は運動項目と同様  
セルフケア  
A 食事 咀嚼、嚥下を含めた食事動作
B 整容 口腔ケア、整髪、手洗い、洗顔など
C 清拭 風呂、シャワー、などで首から下(背中以外)を洗う
D 更衣(上半身) 腰より上の更衣および義肢装具の装着
E 更衣(下半身) 腰より下の更衣および義肢装具の装着
F トイレ動作 衣服の着脱、排泄後の清潔、生理用具の使用
排泄コントロール  
G 排尿 排尿コントロール、器具や薬剤の使用を含む
H 排便 排便コントロール、器具や薬剤の使用を含む
移乗  
I ベッド・椅子・車いす それぞれの間の移乗、起立動作を含む
J トイレ動作 便器への移乗、便器からの移乗
K 浴槽・シャワー 浴槽、シャワー室への移乗
移動  
L 歩行・車いす 屋内での歩行、または車いす移動
M 階段 12~14段の階段昇降
コミュニケーション  
N 理解 聴覚または視覚によるコミュニケーション
O 表出 言語的または非言語的表現
社会的認知  
P 社会的交流 多患者、スタッフなどとの交流、社会的状況への順応
Q 問題解決 日常生活上での問題解決、適切な決断能力
R 記憶 日常生活に必要な情報の記憶

Grangwer CV et al : Guide for the use of the uniform data set for medical rehabilitation.
Uniform Data System for Medical Rehabilitation. Project Buffafo General Hospital,
New York.1990


FIM (Functional Independence Measure) 機能的自立度評価表 st-medicaより
FIMによる評価マニュアル(PDF)


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: とある頸損の超文書目録インデックス パーマリンク