「飛行の自由へ協力強化」 日・ASEAN首脳声明

日本は現在も飛行の自由は厳しく制限されています。

 < !--more-->
朝日新聞より
「飛行の自由へ協力強化」 日・ASEAN首脳声明
2013年12月14日21時25分
 日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の特別首脳会議が14日、東京都内で開かれた。参加国は中国による防空識別圏設定を念頭に、「飛行の自由と民間航空の安全確保のための協力強化で合意した」とする共同声明を発表した。

14日の安倍首相記者会見の詳細
 声明では、中国が領有権を主張する東シナ海や南シナ海の問題を意識し、「平和的手段による紛争解決の重要性」「自由で安全な海洋航行と飛行のための協力」などの原則も示された。ただ、参加国には中国と関係が深い国もあり、日本が目指した「防空識別圏」の文言は入らなかった。

 安倍晋三首相は同日の記者会見で、中国の防空識別圏に対して「飛行の自由を侵害する」として撤回を求めた。一方で、「首脳同士が胸襟を開いて話し合うべきではないか。中国側にも同じ姿勢をとっていただきたい」と述べ、首脳会談を改めて呼びかけた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 日本は米国の植民地, 気になるニュース パーマリンク