11/28(木)障害者福祉センター工事設計の報告会

アイ愛センター(障害者福祉センター)の大規模改修工事の実施延期の請願の回答とか続報。 

障害者福祉センター工事設計の報告会28日10時半防災センター301会議室‏

障害者福祉センター(アイ愛センター)工事にかかる報告会の日程がきまりましたので、お知らせします。
11月28日(木)10時半から防災センター(市役所左隣(旧図書館))3階301会議室


「工事設計の報告会」?報告されるらしい。

ちなみに請願の回答は以下。改行は私が適当に追加した。


2013/11/12
○○様
伊丹市障害者福祉センターの大規模改修工事について、ご説明をいたします。

 伊丹市障害者福祉センターの工事については、センター利用者の皆様のご意見に基づき実施したいと考え、設計については、利用者の方々の意見聴取からスタートいたしました。

 具体的には、
平成25年5月31日10時から「伊丹市肢体不自由児者父母の会」、
同日11時から「伊丹市手をつなぐ育成会」、
同日13時半から「あじさいの会(精神障害者家族会)」、
同日15時から「視覚障害者協会」、
平成25年6月5日10時からは、「センター利用のボランティアグループ・当事者サークル」、
同日13時半から「肢体障害者協会」、
6月6日10時から「聴力障害者協会他難聴者等の当事者団」、
同日11時から「お話し会(脳血管障害後遺症による肢体障害又は、言語障害者の当事者・家族グループ)」から、
ヒアリングを行いました。

 それぞれのグループから、役員はじめ複数の方の参加がありました。また、視力障害者協会や、聴力障害者協会などのヒアリングの場には、ガイドヘルパーさんや、手話通訳士さんの参加・ご協力をいただきました。

 それぞれのグループから、「現在の施設で良いところ。残して欲しいところ。」「現在の施設の改良すべきところ。」「その他、意。」を述べていただきました。皆様からは、忌憚のない意見をいただき、各障害それぞれ多様なニーズがあること、配慮が必要な部分が違うことなど、改めて認識する機会となりました。また、当日参加ができなかったグループの方から、手紙をいただき、こちらのご意見も漏らさないようにつとめました。
 
 センターの利用者から、広く、ご意見を聴取できたと認識しております。これらの意見をすべて、一覧表として記録をし、設計に反映するべく努めました。そのほとんどについて、今回の設計案に盛り込むことができており、この後、12月議会で工事費補正予算案を上程していく予定です。

 また、6月5日の10時からの会で、あるボランティアグループの方から、「本日出した意見が、どのように設計に反映されたか、結果を知りたい。」というご意見を受け、11月には意見反映がどこまでできたかの報告会を開催することもお約束をしており、こちらの報告会について、伊丹市と社会福祉協議会と、アイ愛センター利用団体及び当事者団体のかたがたとで現在、日程調整を行っているところです。
 以上、ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。

< <<お 問 合 せ ・連 絡 先>>>

伊丹市 障害福祉課
回答担当者: 障害福祉課長


ナンセンス。
公開されない情報は存在しないに等しい。

そもそも大規模改修工事では現在の要望だけでなく障害者差別解消法が施行された後の10年後~20年後を見据えた施設の運用の構想が必要。
意見聴取は見当ではない「ありばい」だ。
意見書を作ろう。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 伊丹市障害者地域自立支援協議会 パーマリンク