氷山の一角-厚年基金元事務長、横領容疑で逮捕 24億円不明事件

厚年基金元事務長、横領容疑で逮捕 24億円不明事件:朝日新聞デジタル 
朝日新聞より
厚年基金元事務長、横領容疑で逮捕 24億円不明事件
2013年11月14日10時17分

 長野県建設業厚生年金基金(長野市)で会員企業から集めた掛け金23億8700万円が不明になった事件で、長野県警は14日、業務上横領容疑で指名手配していた元事務長坂本芳信容疑者(56)を成田空港の機内で逮捕した。逃亡先のタイで身柄を拘束され、日本に移送されていた。容疑を認めているという。

 午前7時過ぎ、約10人の捜査員に囲まれた坂本容疑者は、多くの報道陣が待ち構える通路をうつむきがちに歩き、捜査車両に乗り込んで長野県に向かった。

 県警によると、逮捕容疑は、坂本容疑者が2010年7月、基金の口座から引き出した掛け金約1億3千万円のうち約6400万円を着服した疑いがあるというもの。同年9月、掛け金の不明が発覚した直後に坂本容疑者の行方が分からなくなり、今月1日、バンコクでタイ当局に不法滞在容疑で拘束されていた。

 同基金では掛け金の不明事件のほか、AIJ投資顧問(現・MARU)から約65億円の詐欺被害に遭い、別の資金運用でも約46億円の損失が出たことが金融庁の検査で判明。一連の資金運用は坂本容疑者が事務長時代に始まっていた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク