トカゲの尻尾-除染作業に暴力団の影 元幹部、無許可派遣の疑いで逮捕

儲けてるのは元請ゼネコンと群がる政治家たちだ。

朝日新聞デジタル:除染作業に暴力団の影 元幹部、無許可派遣の疑いで逮捕 – 社会 
朝日新聞より
2013年10月7日19時55分
除染作業に暴力団の影 元幹部、無許可派遣の疑いで逮捕

 【力丸祥子】宮城県警は7日、福島市の除染作業の現場に、自ら雇った労働者を無許可で派遣したとして、指定暴力団稲川会系元幹部の西村満徳容疑者(67)=仙台市太白区=ら4人を労働者派遣法違反(無許可派遣)などの疑いで逮捕し、発表した。西村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 同法違反の疑いで逮捕された元人材派遣業の佐藤拓也容疑者(29)=同区=も容疑を認めている。一方、職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)の疑いで逮捕された土木会社長の長田俊明容疑者(64)=宮城県岩沼市=と建設会社員の林文典容疑者(54)=福島県相馬市=は「犯罪だとは思わなかった」などと否認しているという。

 宮城県警によると、西村容疑者らは今年3月ごろ、福島市が発注した除染作業を請け負う2次下請けの宮城県内の建設会社に、長田容疑者の土木会社を通じて30~60代の男性6人を派遣業の許可を受けずに計95回にわたって派遣し、除染作業に従事させた疑いがある。

 県警は、労働者から寮代などとして天引きされた賃金の一部が暴力団の資金に流用されていた可能性もあるとみて調べている。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク