辺野古沖でジュゴンの餌場確認 防衛局公表せず

辺野古沖でジュゴンの餌場確認 防衛局公表せず – 47NEWS(よんななニュース) 
47ニュースより
辺野古沖でジュゴンの餌場確認 防衛局公表せず

 米軍普天間飛行場の県内移設で埋め立て予定の沖縄県名護市辺野古沿岸の海域を、絶滅の恐れが極めて高いジュゴンが昨年、3年ぶりに餌場として使ったことを示す食跡を沖縄防衛局が確認していたことが21日、分かった。

 防衛局は3月、移設によるジュゴンへの影響は小さいとして埋め立てを申請したが、「公表を目的とはしていない」として今回の情報は公表していなかった。

 現場は、国内に数頭しかいないともされるジュゴンの餌となる海草が豊富に生えた貴重な海域として知られる。ジュゴンが繰り返し餌場としていることが分かったことで、県知事が今後出す埋め立て可否の判断にも影響を与えそうだ。

2013/09/21 18:38 【共同通信】

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: エコロジー(生態学), 奴隷制官僚国家, 日本は米国の植民地, 気になるニュース パーマリンク