宇宙って拡がってないんじゃ・・・

宇宙はビッグ・バンから生まれて135億歳らしい。
背景放射や遠ざかっていく銀河の観測によって宇宙はある1点から生まれて135億年かけて拡がってきたらしい。

そこで疑問。
宇宙=時空が拡がっていたらそれが観測できる理由が分からない。
時空が拡がってるんじゃなくて存在する物質が拡散してるだけなんじゃなかろうか?

それに地球から最も遠くの銀河は130億光年の距離らしいけど、
ということは130億年前に130億光年離れた位置から発した光が今届いてるなら今頃はもっと遥か遠くにいっちゃってると思える。


2014年11月23日 疑問が解けた-現在の推定距離は322億光年
ハッブル宇宙望遠鏡は何光年先まで見えますか? – 観測できるかどうかに関して… – Yahoo!知恵袋のベストアンサー

ベストアンサーに選ばれた回答
mean_motion_resonanceさん
.2013/10/1515:56:23
.観測できるかどうかに関しては、その天体までの距離よりもどれくらいの明るさで見えるかの方が重要です。
近くにある天体であっても、それ自身が出す光(電磁波)が微弱であれば検出できないことはあります。

ハッブル宇宙望遠鏡やすばるなどで遠方天体の観測がされていますが、これらの遠方天体は銀河だと考えられています。
遠すぎるため一つ一つの恒星を見ることは到底出来ませんが、銀河全体であればかなりの明るさになるため、遠距離からでも観測できることがあります。

現在、ハッブル宇宙望遠鏡を使った観測で見つかっている天体の中で、最も遠方だと考えられているのは「MACS0647-JD」という天体(おそらくは銀河)で、見かけの距離は約133億光年、現在の実際の距離は約322億光年と推定されています。
これより遠くにある天体でも、明るいものであれば観測は可能です。

しかし宇宙誕生直後には天体はまだ誕生していなかったので、そもそも観測する対象が無いことになります。
宇宙が晴れ上がった後、天体が形成されるまでの間を「暗黒時代」と呼びます。
この時代には観測すべき天体が無いと考えられているため、ハッブルを使っても見ることは出来ません。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 自然科学(サイエンス) タグ: パーマリンク