都心も軍艦島も撮影・無料公開 ストリートビュー奮戦中

「富士山にストリートビューで登れるか?」
という話をしていたので驚いた!

朝日新聞デジタル:都心も軍艦島も撮影・無料公開 ストリートビュー奮戦中 – 社会 
朝日新聞より
2013年7月26日16時45分
都心も軍艦島も撮影・無料公開 ストリートビュー奮戦中
ストリートビュー撮影の最新機材「トレッカー」。18キロを背負って歩く
トレッカーにはレンズ15個が組み込まれ、2・5秒おきに自動撮影する
ストリートビューは「撮影者の影を探せ」という遊びもできる。富士山頂付近では、トレッカーをかついだ影がくっきりと(ストリートビューから)
鳥取砂丘でくつろぐ二人に迫る影……。これも撮影者のトレッカーの影でした(ストリートビューから)

 インターネット上の地図を進めば、その場所を歩いているように全方位のパノラマが見られるグーグルの「ストリートビュー」。最近、鳥取砂丘や軍艦島(長崎市)などの観光地や名所が増えています。23日には富士山も公開されました。

 車が通れないような道から撮影するのは、トレッカーと呼ばれる機材。全長1・2メートル、重さ18キロで、背負うと、15個のレンズが内蔵された撮影機が頭上に位置します。2・5秒おきに撮影し、ブレを補正しながらパノラマに仕上げるグーグル自慢のハイテク機。これを人がえっちらおっちら担いで撮影します。

 撮影は苦労が絶えないようです。富士山はまず7月3日に出発したものの途中で雨が降り始め断念。水滴がついた映像は使えないためです。結局翌週に再挑戦、山頂に到達しました。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク