御用学者≒詐欺師

「複数の厚労省研究班の代表」を務める御用学者としては日常だから罪の意識はないに違いない。
報告書さえ出せば騙し取れていたからと推測する。

朝日新聞デジタル:東大教授を逮捕、研究費2180万円だまし取った疑い – 社会 
朝日新聞より
2013年7月25日19時26分
東大教授を逮捕、研究費2180万円だまし取った疑い

 IT(情報技術)関連業者と共謀し、架空の業務を発注して、東京大学と岡山大学から研究費計約2180万円をだましとったとして、東京地検特捜部は25日、東大政策ビジョン研究センター教授の秋山昌範容疑者(55)=東京都杉並区=を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 秋山容疑者は、電子カルテや病院間の情報システムの構築など、医療のIT化研究が専門。2010~11年度には、地域での医療連携やインフラ整備について研究する複数の厚労省研究班の代表も務めていた。

 特捜部の調べによると、秋山容疑者は、知人のIT会社社長ら6人と共謀。10年2月~11年9月、自身の研究事業に関連して、架空のシステム開発などをIT会社6社に発注したように装い、東大から計約1890万円、共同研究をしていた岡山大から計約290万円を、それぞれだまし取った疑いが持たれている。共謀したとされる6人は、在宅で調べる方針。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース タグ: パーマリンク