放射能の垂れ流しは止めろ!

「やむを得ない」は理由にならない。
「きちんと処理」=「水で薄め」て垂れ流しだ。

朝日新聞デジタル:原発汚染水、基準以下なら排出容認 原子力規制委員長 – 社会 
朝日新聞より
2013年7月25日2時8分
原発汚染水、基準以下なら排出容認 原子力規制委員長

 【西川迅】原子力規制委員会の田中俊一委員長は24日、東京電力福島第一原発の敷地にたまり続ける放射能汚染水について、浄化して国の基準を下回れば海に排出することはやむを得ないとの考えを示した。田中委員長が海への放出を認める発言をしたのは初めて。

 田中委員長は記者会見で「福島第一は水だらけになってきている。きちんと処理して基準以下になった汚染水を海に排出することは避けられない」と述べた。

 地元漁協などは原子炉建屋から出た汚染水は浄化処理した後でも海へ放出することに反対している。これに対し、田中委員長は、説明して理解を得る重要性を強調。規制委として海洋に排出した場合の環境への影響などを長期にわたって調べる考えを示した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: エコロジー(生態学), 原子力はパンドラの箱, 奴隷制官僚国家, 気になるニュース パーマリンク