NHK「外国語多すぎて苦痛」 岐阜の男性が提訴

公共放送と自称するなら情報バリアフリーは必須の義務だ。

朝日新聞デジタル:NHK「外国語多すぎて苦痛」 岐阜の男性が提訴 – 社会 
朝日新聞より
2013年6月26日7時7分
NHK「外国語多すぎて苦痛」 岐阜の男性が提訴

 コンテンツ、アスリート、ネオ歌舞伎――。NHKのテレビ放送で外国語が多用され、精神的苦痛を受けたとして、岐阜県可児市の男性が25日、NHK(東京)を相手取り、慰謝料141万円を求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 訴えを起こしたのは、可児市の高橋鵬二さん(77)。「日本語を大切にする会」を主宰している。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき, 気になるニュース パーマリンク