コメント-「好き嫌い」ではなく「善悪」を語る、ずるい人たち(イケダハヤト) – BLOGOS(ブロゴス)

「好き嫌い」ではなく「善悪」を語る、ずるい人たち(イケダハヤト) – BLOGOS(ブロゴス)についてのコメント。

自分のことを「善き炎上」って言ってた人は誰でしたっけ?
中島さんのツイートを筆者は、

>世界に対して健全な認識を持っていれば、この種の傲慢に陥ることはありません。あくまで自分は自分で、他人は他人だからです。
>しっかりとした自己を持っている人は、他人をコントロールしようとはしませんし、他人に過度に干渉することはありません。また、賢明な人は、傲慢に陥ることを避けるため、何かについて「おまえ間違っている=自分は正しい」と主張することについて、自然と慎重になります。

と理解してるが、それ「間違えてる」ぞ!

中島さんのツイート自体が無傷で済まないことを覚悟した「傲慢」なのであって、どちらかと言えば「賢明な人は、傲慢に陥ることを避ける」ような無傷な行為に逃げる「社会的弱者」にならずに傷付くだけの覚悟をした「社会的強者」になれと言ってる。
参考:思想の哲学 社会的、強者と弱者の関係
http://sisoutetsugaku.blogspot.jp/2008/05/blog-post_5899.html

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク