公立「ツタヤ図書館」オープンへ 佐賀・武雄市に

今年度のオープンとは知らなかった。
伊丹市議はオープン前の去年に何を「視察」しに行ったんだろう?
それも伊丹市立新図書館がオープンした後に。

朝日新聞デジタル:公立「ツタヤ図書館」オープンへ 佐賀・武雄市に – カルチャー 
朝日新聞より
2013年4月1日3時24分
公立「ツタヤ図書館」オープンへ 佐賀・武雄市に

大きな天窓から光が差し込む武雄市図書館。手前の平積みは販売ゾーンで、右奥にはスターバックスの店舗がある。1階奥と2階は図書館ゾーン=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

2階は図書館ゾーン。天井まで書棚が並ぶ=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

利用カードの申込窓口=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

図書館内にあるスターバックスの店舗=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

CDとDVDが並ぶレンタルコーナー=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

平積みの販売コーナー=31日、佐賀県武雄市、森下東樹撮影

新武雄市図書館の館内図

[PR]

 【安楽秀忠、東郷隆】年中無休で、DVDやCDもレンタルでき、開放的な館内でコーヒーを飲みながらページをめくれる――。生まれ変わった佐賀県の武雄市図書館が1日、オープンする。運営は、レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)。賛否双方の声があがる中、新図書館の試みが注目される。

 もともとあった公立図書館を改装した。市中心部に位置し、そばに大型ショッピングセンターもある。3月31日には内覧会があり、約1200人の市民が一足早く新図書館を体感した。

 正面玄関から中に入ると、販売用の雑誌が平積みされたコーナーがいきなり展開する。右手にはコーヒーチェーン・スターバックス、左手には3万枚のCDと4万5千枚のDVDを有料でレンタルするコーナーも。本やマンガも販売され、感覚はツタヤの店そのものだ。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース タグ: パーマリンク