御用学者の会長-田中知

独自調査をしないのだから新たな(都合の悪い)事実が出る訳が無い。

朝日新聞デジタル:原発事故原因、新事実
なし 学会中間報告、独自調査せず – 社会
 
朝日新聞より
2013年3月28日8時16分
原発事故原因、新事実なし 学会中間報告、独自調査せず

 【今直也】東京電力福島第一原発の事故原因を調べている日本原子力学会の事故調査委員会(委員長、田中知・前学会長)は27日、想定を超える津波で冷却機能が失われたのが事故の原因とする中間報告を公表した。過酷事故対策が不十分で事故が拡大したとした。東電の公表データなどに解釈を加えたもので独自の調査はなされず、新たな事実は示されなかった。

 中間報告によると、事故は想定を超える津波が発電所を襲ったことで起き、原発を運転する側に津波が重大事故を引き起こす危険性があるという認識がなかったとした。また、過酷事故への備えが不十分だったことが事故を拡大させたとの見解も示した。

 国会事故調などが指摘している地震の揺れによる重要機器の破損の可能性については、学会は東電のデータから原子炉の冷却に深刻な影響を与える損傷はないと推定した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 奴隷制官僚国家, 気になるニュース タグ: パーマリンク