精神障害者の雇用義務、2018年から 激変緩和措置も

5年先なんて先送りじゃないの?

朝日新聞デジタル:精神障害者の雇用義務、2018年から 激変緩和措置も – 政治 
朝日新聞より
2013年3月21日19時49分
精神障害者の雇用義務、2018年から 激変緩和措置も

 【石山英明】厚生労働相の諮問機関、労働政策審議会は21日、精神障害者の雇用を企業などに義務づける時期について、2018年4月からとする厚労省案を「おおむね妥当」として了承し、答申した。一方で、企業が達成しなければならない法定雇用率(従業員に占める障害者の割合)への反映については、激変緩和措置を導入し、別途審議することになった。

 厚労省は4月中の障害者雇用促進法改正案の提出を目指す。成立すれば、雇用義務を知的障害者にも広げた97年以来の大きな法改正となる。対象となる精神障害者は、精神障害者保健福祉手帳を持つ人。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 奴隷制官僚国家, 気になるニュース, 障害福祉 パーマリンク