原発いらない-神戸製鋼、栃木に火力発電所計画 140万キロワット

東京ガスの反撃の狼煙だ。

朝日新聞デジタル:神戸製鋼、栃木に火力発電所計画 140万キロワット – 経済・マネー 
朝日新聞より
2013年2月22日15時46分 神戸製鋼、栃木に火力発電所計画 140万キロワット

 神戸製鋼所は22日、栃木県真岡市に天然ガスを燃料とする140万キロワット規模の火力発電所を建設する計画を発表した。3月下旬から環境アセスメントに入る方針。東京ガスが茨城県日立市から延伸する予定のパイプラインを活用し、早ければ2019年ごろに稼働させる。投資金額は約1千億円で、東京電力への販売を予定している。

 神鋼はこれまで神戸市にある140万キロワットの石炭火力発電所で発電した電力を関西電力に販売している。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース パーマリンク