伊丹市障害者スポーツ協会設立発起人会が開催された12/6

何故「障がい者」が参加するのは「障害者スポーツ」なんだ?
障がい者が参加するのは「障がい者スポーツ」ではなく「障害者スポーツ」って変だろ?障害物競争ではないんだから。
伊丹市社会福祉協議会のブログ 伊丹市障害者スポーツ協会設立発起人会 開催!!!【12.8up】 
伊丹市社協サイトより
12月6日、アイ愛センターにて、伊丹市障害者スポーツ協会設立発起人会が開催されました。

発起人会では、伊丹市障害者スポーツ協会の設立に向けた話し合いが行われ、来年3月末に設立総会を開催することに決定しました。
これから発起人会で話し合われた諸課題を整理し、設立総会に向けた準備を整えていくことになります。
発起人会で採択された設立趣旨書を下記に掲載させていただきます。

             伊丹市障害者スポーツ協会設立趣旨書

 伊丹市における障害者スポーツ競技は、本年7月、第2回世界ろう者陸上選手権大会
に三枝浩基さんが出場するなど、改めて、注目されてきつつあります。

 そうした中、国のスポーツ基本法が昨年8月に施行し、障害者スポーツの推進が明記
され、地方スポーツ推進計画の策定作業が進められています。

 伊丹市においても、障がい者が「身近なところで、障害者スポーツに親しむことが
できるよう障害者スポーツの振興を目的とする組織作り」が求められています。

 このような現状を鑑み、伊丹市身体障害者福祉連合会、伊丹市社会福祉協議会など
は、伊丹市体育協会など伊丹市のスポーツ競技団体との連携を目指した、組織作りに
取組むことといたしました。

 この度の協会設立により、障がい者のスポーツ競技等への参加の機会をつくるとともに、
市民の障がい者に対する理解を深めるとともに、障がい者の社会参加の推進を図り、
地域社会に広く貢献できると考えます。

                                       平成24年12月吉日
                                        設立発起人一同

障がい者の方のご参加及び皆様のご支援をよろしくお願いいたします。(東畑)


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク