とっとと止めれば?-もんじゅで保安規定違反を認定 原子力規制委

それも点検費の予算確保のための技としか思えない。
朝日新聞デジタル:もんじゅで保安規定違反を認定 原子力規制委 – 社会 
朝日新聞より
2012年12月5日20時4分 もんじゅで保安規定違反を認定 原子力規制委

 【西川迅】原子力規制委員会は5日、日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)で必要な手続きをしないまま約1万点の機器の点検時期を延長させる管理不備があったとして、原子炉等規制法に基づく保安規定違反にあたると認定した。近く原因究明や再発防止策を報告するよう指示を出す。

 同機構が自ら定めた保安規定では、機器の点検時期を延長する場合、安全性を評価したうえで点検計画を変更する必要がある。しかし、2010年7月以降、点検対象の機器約4万点のうち9679点で変更手続きを怠っていた。

 規制委などによると、このうち原子炉内の中性子を検出する重要機器を含む1551点については、点検を延長しても問題がないことを確認する安全性の評価をしていなかったり、次回の点検時期を定めていなかったりしていたという。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース タグ: パーマリンク