反原発-俳優・山本太郎が衆院選出馬を宣言 きょう記者会見

自由独立党は反原発・反テロ・反差別・反官僚主義を党是とする。
反原発で安易な妥協をしない態度を支持する。

しかし、Yahooよ「エンターテイメント」扱いは違うでしょ?

俳優・山本太郎が衆院選出馬を宣言 きょう記者会見 (東スポWeb) – Yahoo!ニュース 
俳優・山本太郎が衆院選出馬を宣言 きょう記者会見
東スポWeb 12月1日(土)14時22分配信

拡大写真
衆院選出馬をツイッターで宣言した俳優の山本太郎

俳優の山本太郎(38)が1日、自身のツイッターで衆院選出馬を宣言した。

 山本は1日未明に「どうする? やるのか、自分?」と自分に問い聞くようにツイートすると、きょう午後1時ごろに「出るぞ。 出馬する。 本当の事、言わせて貰う」と衆院選への出馬を宣言した。

 山本は本日17時から衆院選出馬の記者会見を行う。事前のツイートでは「脱原発、反TPP、反増税の三つをハッキリ宣言している人を支持します。三つのうち、一つでも主張が欠けていればこの国を売り渡す者と僕は判断します」と話すなど「日本未来の党」に近い政治スタンスで、一部報道では同党からの出馬と報じられていたが、27日にこれを否定。会見情報が掲載された「自由報道協会」のホームページには「山本太郎(新党結成)記者会見」と記載されており、新党立ち上げとなりそうだ。

 山本は高校在学中に芸能界入り。92年「しあわせの決断」(フジテレビ系)で俳優デビューし、以後は俳優業を中心に活動する。昨年3月11日の東日本大震災に伴う福島第1原子力発電所事故をきっかけに反原発運動に参加。同年5月には所属事務所との契約を解除し、フリーに。今月公開の初主演映画「EDEN」のインタビューでは「金銭的にはそろそろ限界だが反原発運動は今後も続けていく」と反原発への思いを本紙に激白していた。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース タグ: , パーマリンク