原発推進・反脱原発を謳う人たちにみられる権威コンプレックス

ウェブから適当に見つけたサンプルなので仮説である。

まずはここ「脱原発」と叫ぶ前に、よく考えよ! グロービス代表 堀 義人ブログ
まず『左翼系ジャーナリスト』
「左翼」でも「コミュニスト」でもなく「左翼系」という形容詞を使っている点に注目する。
「左翼系」という単語を使う人たちの特徴は保守主義体制に依存した思考や生業を行っている。職業の冠に「御用」の付く人たちが使う用語なのだ。
体制に依存した生業なので体制に意義や疑問を持たれるだけで自らの立場が危うくなるのでテロリストと同義語か連想させようという意図から「左翼系」という単語を好んで使用する。

次に『無責任な評論家』
政治家や官僚(役人)さえ無責任なのに、無責任でない評論家など日本に存在しない。自分はなにがしかの責任を持てるとでも言いたいのだろうか。

ようするに他人をおとしめて自分の株を上げようという浅はかさでうんざり。某経済評論家と同じにおいがする。
後の論はもう読むに値しない。経団連のじじい共に耳障りの良い言葉の羅列。


脱原発、この胡散臭い連中(深谷隆司) – BLOGOS(ブロゴス)
結論を先に、お前が『胡散臭い』

『もっとも、警視庁発表になると17万人が7万5千人と半分以下の数字で、一体どちらか本当なのかさっぱりわからない。』
わからないなら現場に行ってこい。自分が理解できない人を胡散臭いとしか思えない頭の凍結した人でよく見かける反応だ。

出た!『左翼的集会といえば必ず出てくる・・・』
『左翼的』も「左翼系」も同義だ。あまりにも論調がステレオタイプ過ぎる。

『音楽家の坂本龍一氏が、近頃、妙に脱原発運動に参加して話題を集めている。過日のデモに参加しての演説で、「たかが電気の為に美しい日本、国の未来である子供の命を危険にさらすべきではない」と述べている。』
もうこの後はひがみとジェラシーの羅列で論理が破綻している。

『彼は高校時代から学生運動に参加した思想的に左派である。』
坂本龍一さんが『左派』だったら死んでしまう呪いでも掛けられているのだろうか?


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱 タグ: パーマリンク