生物の進化とは多様化である

進化とは生物が増殖する際に起こす遺伝情報の多様化である。

突然変異と自然淘汰とか言われてきたが、それは進化の繰り返しの結果を見ているに過ぎない。
進化とは日常的に起こっている生物の増殖過程で起こる遺伝情報のばらつきによって起こる多様化が時間と環境によってより大きな多様化を起こした結果だ。

従って進化に理由は存在しない。発現しない塩基配列が異常に多かったりするのも過去に発現して使用されなくなった遺伝子とは限らない。たまたま出来上がった塩基配列ばかりなのだろう。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: エコロジー(生態学), 人工知能=チューリングテスト合格 パーマリンク