紐付きでない脱原発-鳥取県に国内最大級メガソーラー、ソフトバンクと三井物産

伊丹市も空港辞めて太陽光発電所にした方が雇用と電気と儲かるんじゃない?
鳥取県に国内最大級メガソーラー、ソフトバンクと三井物産 (産経新聞) – Yahoo!ニュース 
鳥取県に国内最大級メガソーラー、ソフトバンクと三井物産
産経新聞 8月29日(水)16時6分配信

 ソフトバンクのエネルギー事業子会社のSBエナジーと三井物産、鳥取県などは29日、同県米子市に国内最大級の太陽光発電所(メガソーラー)を建設すると発表した。出力は3万9500キロワットで、約1万1000世帯分の電力を賄う。9月に着工し、2013年7月の運転開始を計画している。

 SBエナジーと三井物産が出資する特別目的会社(SPC)が発電所を建設し、運営する。総事業費は100億円前後。

 ソフトバンクの孫正義社長は「40年近く有効活用されなかった広大な土地(干拓地)が電力の供給源になる」と意義を強調。三井物産の飯島彰己社長も「再生可能エネルギーの発電事業への参画で、エネルギー政策に貢献したい」と話した。

 7月にスタートした再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を踏まえ、ソフトバンクが国内外の発電事業や再生可能エネルギーの運営ノウハウがある三井物産に声をかけ、実現した。孫社長は「自治体からの協力要望が相次いでいる」とし、今後も規模などの条件次第で事業を共同展開する考えを示した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース タグ: , パーマリンク