伊丹市新図書館のメディアランナーすげぇ!

伊丹市新図書館に行ってみた。
4階の研修室・会議室は学習室状態で満員。
3階の図書館は人がちらほら
2階の雑誌と児童図書のコーナーもちらほらパソコンコーナーは満席。学習コーナーは子供が半分くらい。
1階の交流コーナーとギャラリーは閑散。多目的ルームは空室。
地下階は多目ルーム・会議室とも使用予定が無いのでバリケードで立入禁止状態。だったがエレベータで下りられたので見学。

感想:伊丹市はやっぱり箱が大好き!!

ただし地下の書庫で稼働していたメディアランナーが凄かった。
書庫管理ロボットのシステム。
株式会社 岡村製作所|図書館向け自動書庫「 Media Runner(メディアランナー)」を発売
これは必見だ!
当然2、3階の図書館には数名ずつの司書がいる。その上でシステムが稼働しているのだ。
これを見ないで何を見るというくらいに凄いのだ。
それで市会議員が佐賀県武雄市のTSUTAYA図書館の視察。
伊丹市にはお金が余っているに違いないではないか。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 福祉のまちづくり タグ: パーマリンク