中国政府がニコニコ動画をブロック対象に追加か、中国国内から閲覧が不可に2010年12月10日 12時37分10秒

上海万博が閉幕するまで国際協調した民主国家を標榜して我慢してたんだろうな。
言論(≒情報)の自由が無い国は滅びる。
日本も例外ではない。法を犯した米兵に対する権限や米軍基地や制空権に関する権利や安保条約の裏約束など独立国家と呼べないような事例がごろごろしている。「他人のふり見て我がふり直せ」である。

Gigazineより
中国在住の読者からのタレコミによると、昨日のお昼ぐらいからニコニコ動画(nicovideo.jp)が見られなくなったとのことです。

中国では国内のネットを「グレートファイアウォール(金盾)」で囲んでネット検閲を実施しており、たとえば天安門事件の報道映像などは見ることができないようになっていますが、どうやらニコニコ動画も中国当局によっては都合の悪い存在として認定されたようです。

タレコミによると、ニコニコ動画が見られなくなったのは昨日のお昼ぐらいから。どうやら中国政府の「金盾」によって弾かれているようで、Twitter上でも「ガーーーーン、ニコ動が中国でブロックされたーーーー」などの発言が確認できます。

中国政府がアクセスを規制しているサイトは複数あり、Google、Yahoo!、MSN、Baiduでは特定キーワードでの検索に制限があり、YouTube、Flickr、MySpace、Twitter、DropBox、Facebook、FC2などはそもそもアクセスが弾かれます。今回のニコニコ動画のケースは後者に当たるようです。ニコニコ動画は、以前は台湾版が規制され本家は見えていたらしいのですが、とうとう対象に入ってしまったようです。

なお、現在は稼働していませんがサイトが中国政府の検閲対象かをチェックできる「Great Firewall of China」で2007年に調べられた範囲では、Wikipedia、CNN、BBC、New York Times、asahi.com、Microsoft、Amazon.com、任天堂、NASA、2ちゃんねるなどへのアクセスもブロックされていた模様。

今回のブロック措置についてはニコニコ動画に尖閣諸島沖での中国漁船衝突動画を始めとする反中国的な動画がアップロードされることや、ノーベル平和賞の受賞が明日に控えていることなどが理由ではないかという推測がでています。

なお、動画が見たいというだけであれば、中国国内の動画共有サイトとして優酷網(youku)や我楽(56.com)、土豆(Tudou)、ビリビリ動画(bilibili.us)などがあるため、困る人が続出ということはなさそうです。

・18:30更新
新たな情報に基づきリストを再編し、文章を修正しました。

http://gigazine.net/news/20101210_china_nicovideo_block/

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 日本は米国の植民地, 気になるニュース パーマリンク