2008.02.19 兵庫の民生委員ら公費観光、5年間に4000万円

2010年から伊丹市社協の会長が照屋盛徳で大丈夫なのか?伊丹市

読売新聞より転載の転載
兵庫の民生委員ら公費観光、5年間に4000万円

 兵庫県伊丹市の民生・児童委員240人が所属する市民生委員児童委員連合会(照屋盛徳会長)が、過去5年間に約4000万円の公費を使い、研修名目で、温泉地などへ宴会を伴う旅行を繰り返していたことがわかった。

 各委員の活動に必要な経費として県などから交付された補助金を連合会がプールして旅費に充てており、厚生労働省地域福祉課では「補助金はあくまで委員活動に必要な実費として支給されており、宴会や観光に充てるのは不適切だ」としている。

 関係者によると、旅行は長年の慣行で、少なくとも10年前から費用を補助金で賄っているという。「全体研修」や「幹事研修」など毎年3回前後あり、2003年度以降は計14回実施。行き先は大半が温泉地で、温泉旅館やホテルに宿泊していた。

 民生・児童委員には、活動に伴う「費用弁償」として、都道府県と政令市が1人あたり年間5万8000円前後の補助金を交付。
これに市区町村が独自に上乗せしており、伊丹市の場合は、1人あたり年間11万6400円を市が連合会に一括交付している。

 連合会は、各委員に活動費などとして最高5万8000円を渡すが、残りは事務局の市社会福祉協議会が管理し、旅行の費用などに充てていた。

 07年度は、8月の全体研修で鳥取・皆生(かいけ)温泉へ委員168人らが1泊2日で旅行。現地の委員と約1時間半の交流会を開いたほかは観光地巡りや宴会だった。
委員22人らが参加した5月の九州への幹事研修(2泊3日)は費用の3割を自己負担したが、2回の旅行で計728万円の補助金を使用。
06年度も富山県などに3回旅行し、計1045万円を支出した。

 照屋会長は「県外研修は委員のレベルを高めるため。観光地を回るのも研修の一つで、飲食は活動の労をねぎらう意味がある。県や市からもらっているのは補助金ではなく手当だ」とし、市は「委員が交流を深める機会が必要」としている。

 一方、兵庫県は「観光や慰労目的であれば、補助金の返還を求める」と話している。

伊丹市市長など歴代幹部は全日程に同行

 兵庫県伊丹市の市民生委員児童委員連合会(240人)が公費による県外旅行を続けている問題で、歴代の市長や市幹部が毎年、宿泊先の温泉旅館などで開かれる宴会に市費で参加していたことがわかった。市長は公用車で宿泊先まで出向き、幹部は全日程に同行。県市からの補助金を使った宴会に公務として参加していたことになり、市の認識の甘さが問われそうだ。

 関係者によると、市長は委員170人前後が参加する1泊2日の「全体研修」の宴会に出席。伊丹市から公用車で宿泊先へ行き、委員に同行した市の部長や課長と合流。宴会であいさつし、カラオケ大会に加わることもあった。市長は翌朝に伊丹へ戻り、部長らは旅行を続けていたという。

 高知市(2003年)や富山県の宇奈月温泉(06年)も公用車で行っていた。

 連合会は、委員の活動に対する「費用弁償」として県や市から交付された補助金を、宴会を含む旅費に充当。旅費は1人3万円程度だが、市長や部長らは、出張旅費から「宿泊代」として1万4000円~2万円を連合会に支払っていた。

 藤原保幸市長は05~07年の全体研修で宴会に出席。05、06両年は、市長交際費から「研修祝い金」として各1万円を同会に渡していた。藤原市長は読売新聞の取材に対し、「民生委員と意見を交わし、親睦(しんぼく)を深めるため参加しているが、補助金が使われていたとは知らなかった。問題があれば見直す」と話している。

補助金会計処理県が報告求める

 この問題で兵庫県は16日、同連合会の補助金の会計処理について、詳細な報告を行うよう伊丹市に要請した。県社会援護課は「補助金は活動費として委員に直接渡すべきもの。連合会が誤解を持たれる使い方をしていないかチェックしたい」としている。

 一方、伊丹市と同連合会が同日、記者会見し、中村恒孝・市健康福祉部長は、連合会が補助金をプールして宴会などの費用に充てている事実を認め、「見直しについては現段階では判断できない」と説明。連合会の照屋盛徳会長は、補助金について「会費として連合会が委員から預かって有効に使ってきた。温泉地に泊まるのが悪いことか。1年間の労をねぎらい合っただけだ」と話した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 近所 パーマリンク