紐付きでない脱原発-倉庫屋根に太陽光パネルびっしり 大林組のメガソーラー

朝日新聞デジタル:倉庫屋根に太陽光パネルびっしり 大林組のメガソーラー – 経済 
朝日新聞より
2012年7月4日20時9分 倉庫屋根に太陽光パネルびっしり 大林組のメガソーラー

 大林組は4日、今月から発電を始めた京都府久御山町のメガソーラー(大規模太陽光発電所)を公開した。大手ゼネコンがメガソーラーの発電事業を手がけるのは初という。

 新設した物流倉庫の屋根に、計約1千キロワットを発電するパナソニック製の太陽電池パネルを4320枚設置した。年間の発電電力量は94万キロワット時と一般家庭約260戸分。固定価格買い取り制度を利用して関西電力に売り、年約4千万円の売り上げを見込む。

 同日、会見した入矢桂史郎ビジネス・イノベーション室長は「今後も工場や倉庫の屋根を借りて事業規模を拡大していきたい」と話した。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース タグ: , パーマリンク