障害者差別の例-情報バリア

何が障害者差別かを知らなければ障害者差別は無くなりません。
度を過ぎた無知からくる合理的配慮を行わない事も障害者差別になります。

伊丹市社会福祉協議会のホームページの「ポテトサラダ」平成24年5月号の速やかなテキスト化の掲載を求めます。
(これポテトサラダ平成24年5月号vol230

1ヶ月以上も前から指摘していて何も変わらないのでメールをまとめとく。
まず「ポテトサラダ」平成24年5月号(以下「ポテトサラダ」)のホームページの掲載がPDFで行われた。
(いつものように発行後2週間以上遅れて)
画面上のイメージとしては文字の表示に問題は無かったがテキストが検索できなくて全文をコピーすると文字化けしていた。
これでは内容が検索エンジンに引っ掛からない以上に読み上げソフトで変換できない致命的な欠陥がある。
5/9にアイ愛センター(伊丹市立障害者福祉センター)に以下のメールを送付した。


アイ愛センター
所長 ○○様

お世話になっております。
リニューアルされたサイトにメールアドレスが載ってないので
担当者に転送して下さい。

ウェブサイトのポテトサラダ平成24年5月号のPDFファイルについての問合せです。
今回はPDFファイルとなっていますが検索ツールに引っ掛かりません。
社協だよりはちゃんと検索できます。
何故でしょうか?

私の環境は
WindowsXPSP3
IE8
AdobeReader10
です。

よろしくお願いいたします。


その後1週間以上音沙汰が無い。アイ愛センター所長は都合の悪いことや自分が理解できない事を放置する習慣がある。
返信すらよこさない。

そのまた後の5/17か5/24にアイ愛センター窓口の職員(女性)に口頭で伝えて、その職員にパソコンを操作をしてもらって状況を確認しておかしい内容を理解してもらって、ホームページの担当者に伝えるように頼んだ。
そのまたまた後1週間経っても音沙汰が無い。多分自分の仕事でないから伝えてないだろう。

とうとう月が変わった6月である。
アイ愛センターでアイ愛センター所長に遭った時に「この前のポテトサラダの件ですが」と声をかけてきた。
やっぱり。
再度内容を説明して、修正しないと障害者差別になると念押しした。

6月23日やっとアイ愛センターのホームページ担当者から以下のメールが届いた。


ポテトサラダ文字化けの件について‏2012/06/23

○○ 様

いつもお世話になります。

見出しのポテトサラダ文字化けの件について
ご報告させていただきます。

PDFデ-タで、貼り付時に文字が化けてしまうのは、
印刷業者に確認をしたところ、デ-タを印刷専用ソフトで作成しているからとの事です。
文字化けしないデータをもらえるのかどうか、対処方法があるかについては現在、
先方に依頼しておりますので、また分かり次第ご連絡させて頂きます。

ご報告が遅くなりすみませんでした。

———————————–
アイ愛センター(伊丹市立障害者福祉センター)
管理・事業担当


本当に遅い。保安院以上だ。
それで今朝(6月30日)に以下のメールが届いたのだ。


ポテトサラダ文字化けの件について‏9:40
○○ 様

いつもお世話になります。

見出しのポテトサラダ文字化けの件について
昨日、印刷業者から回答がありましたので
ご報告させていただきます。

6/23にメールでご報告した内容にて
①文字化けしないデータをもらえるかどうかについて
②対処方法があるかについて
印刷業者に問い合わせておりました。

その回答ですが
①について、現在、印刷業者からもらっているデータ
しかもらえない。文字化けしないデータはもらえない。
②について、対処方法は現時点で無い。

その理由は、
やはり、印刷業者が使用している印刷専用ソフト
でデータを作っているため、その印刷専用ソフトを文字化け
しないソフトに変えない限りできないとのことです。

そのソフトを変える予定があるかどうか問合せたところ、

いずれ変える予定ではあるが、その予定も決定してるものではなく、
考えているレベルのものということでした。

今後は、アイ愛センターとして、何か対処方法がないか
調べてみます。

また、何かお気づきの点がありましたら、ご連絡ください。
今後とも、よろしくお願い致します。

———————————–
アイ愛センター(伊丹市立障害者福祉センター)
管理・事業担当


調べてみるのは必要だ。
しかし問題は現在進行形であって放置できない問題に対する対処手段が必要だ。
何ら対策を執らない態度に呆れる。
よって晒す。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 伊丹市障害者地域自立支援協議会, 障害福祉 パーマリンク