官制「ネズミ講」-AIJ被害の47基金に天下り 厚労省OBら49人

天下り官僚は預かった基金を収入としていたので明らかに出資法違反だ。
官僚や天下り官僚にとって税金を湯水のように浪費してきたのだから罪悪感など毛ほども感じてないだろう。
国民年金に次いで厚生年金基金もこの状態では年金制度は破たんしている。今回も天下り官僚や監督すべき厚生労働省官僚の誰の責任も問われないのだろう。
この国を牛耳っているのは「ジャパンマフィア」=官僚+天下り官僚だ。
朝日新聞デジタル:AIJ被害の47基金に天下り 厚労省OBら49人 – 社会 
朝日新聞より
2012年3月23日11時40分 AIJ被害の47基金に天下り 厚労省OBら49人

 厚生労働省は23日、AIJ投資顧問に年金資産の運用を委託していた74の厚生年金基金のうち、約6割にあたる47基金の役員に、厚労省や旧社会保険庁のOBら元国家公務員が計49人再就職していると発表した。

 AIJ問題では、運用の知識や経験が乏しい天下り役員らがAIJの勧誘に乗ったことが、被害拡大の一因との見方がある。またAIJと関係の深い旧社保庁出身の年金コンサルタント会社代表が、OB人脈を利用して複数の基金にAIJを紹介したとの指摘もあり、民主党などが天下り状況の調査を求めていた。

 調査は3月1日時点で、74基金のうち19日までに回答した71基金分を集計した。役員に国家公務員OBがいるのは47基金で、そのうち46基金は厚労省や旧社保庁の出身者。再就職者の数は計49人で、うち46人が厚労省と旧社保庁の出身者だった。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク