障害者のエンパワーメントを議論する以前の問題だ

3/24(土)平成23年度伊丹市障がい者自立支援講演会「”つながり”のかたち」の自己批判文を送ったら返事が届いた。

○○ 様

いつもお世話になっております。
この度は、講演会の開催案内について、ご意見頂きありがとうございます。
大変遅くなりましたが、ご意見いただいた講演会の開催内容について、
下記の通りご説明させていただきます。

●第1部「神戸市長田区のまちのつながり方~『ながた子どもいちば』の実践~」
 今回の講演会については、長田ボランティアセンター職員の方と共に、
当然のことながら、障がい当事者の方にも、講師依頼をさせていただいておりました。
 ところが、その方が、2月下旬に体調を崩され今回の講演が困難となり、
 現在も後任講師を調整いただいている状況です。
 そのため、今回の開催アナウンスの段階では、講師名・内容について、
やむなく今回のような紹介のかたちをとることとなりました。

●第2部「乗り越える力~人とのつながりがくれたもの~」
立木早絵さんの講演については、担当マネージャーの方とも相談しながら、
立木早絵さんという障がいのある方が、前向きに様々な事に挑戦しようとする気持ちをもつために
どのようなことを大切にしているのか、自身を支えているものは何なのか、などについて、
人とのつながりから得るものを中心にお話いただくこととなりました。

最後に、今回木戸様からいただいたご意見も踏まえながら、
「来てよかった」と多くの参加者に感じていただける講演会となるよう、
スタッフ一同、開催に向けて取り組んでいきたいと思います。

この度は、ご意見ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

**********************************************
  伊丹市地域生活支援センター

やれやれ・・・。
私の文章がおかしかったんだろうかと途方に暮れる。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 伊丹市障害者地域自立支援協議会, 障害福祉 パーマリンク