パナソニック、家庭用の太陽発電・蓄電システムを発売へ

さあ、市場ができれば加速するぞ。大阪ガスとパナソニック、次はどこだ!
朝日新聞デジタル:パナソニック、家庭用の太陽発電・蓄電システムを発売へ – ビジネス・経済 
朝日新聞より
パナソニック、家庭用の太陽発電・蓄電システムを発売へ

 パナソニックは23日、太陽電池で発電した電気を蓄電池にためて効率よく使える住宅用の蓄電システムを発売すると発表した。太陽光で発電した電力の使用や売電、蓄電池への充電を設定に応じて自動で制御できる。こうした機能を備えた住宅用システムはまだほとんどないという。

 システムは、電気の流れを制御する「パワーステーション」(希望小売価格67万2千円)と、リチウムイオン蓄電池(同121万8千円、容量4.65キロワット時)で構成。蓄電池は停電時に冷蔵庫やテレビ、一部照明など最低限の生活ができる電気を2日間ほどまかなうことも可能という。

 運転モードは3種類あり、発電した電力の余剰分を売って料金の安い夜間電力で蓄電池を充電する「経済優先」や、余剰電力で充電して夜間にその電力を使う「環境優先」など。

 3月21日から受注を始める。主に新築住宅への組み込みを図り、2012年度に1500セットの販売を目指す。11年度は売り上げがほぼゼロだった蓄電システム事業は、来年度の売り上げ目標を70億円とした。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 原子力はパンドラの箱, 気になるニュース パーマリンク