「さるかに合戦」裁判 | 昔話法廷 子供を騙すな!

日本の裁判では木づちを叩くことはない。

参考
さるかにがっせん | おはなしのくに | NHK for School

「さるかに合戦」裁判 | 昔話法廷 | NHK for School より

「裁判の争点
カニの親子が体を粉々に砕かれて殺害された事件。逮捕されたのは、猿。まだ青くて硬い柿を執拗に投げつけたのだ。罪を認める猿に、検察官は「残虐極まりない」と極刑を求める。一方弁護人は、猿が十分に改悛していること、衝動的な犯行であり計画性がないことを主張。「猿は生きて償うべきだ」と訴える。猿を死刑にするか?死刑にしないか?」

極刑が妥当

法の上の平等の観点から
逃げ得は許されない

逃げ得の判例を残してはならない

元の昔話では子供たちは生き残って復讐を果たしたが猿の命は救っている。
今回の事案はカニさん親子を執拗な暴力で殺害している。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき パーマリンク