「昔話法廷」を観て感じたもやもやは女性差別が原因!

昔話法廷 | NHK for School より

昔話法廷とは?
判決の出ない異色法廷ドラマで、“ 考える力”を養う!

番組概要
「昔話法廷」は、主に小学校5・6年生、中学生、高校生を対象にしたエデュテイメント。なじみの深い昔話をモチーフにした15分の法廷ドラマです。「もし昔話の登場人物が訴えられたら…?」という設定で、検察官、弁護人、被告人、証人のやりとりを、一人の裁判員の目線で描きます。

裁判員のキャストに注目

サブタイトル 裁判員
第1話 『三匹のこぶた』
裁判
小芝風花
第2話 『カチカチ山』
裁判
宮﨑香蓮
第3話 『白雪姫』 工藤綾乃
第4話 『アリとキリ
ギリス』裁判
朝倉あき
第5話 『舌切りすずめ』
裁判
蔵下穂波
第6話 『浦島太郎』裁判 光宗薫
第7話 『ヘンゼルと
グレーテル』裁判
松本穂香
第8話 『さるかに合戦』
裁判
須賀健太
第9話 『ブレーメンの
音楽隊』裁判
優希美青
第10話 『赤ずきん』裁判 泉澤祐希
最終話 『桃太郎』裁判 恒松祐里

若くて頼りないキャラクターとしての女性

全話で男性は1人しか登場していない。

「どうすればいいんだろう」

頼りなさ全開だ。

キャスティングディレクターが女性を差別してるか若い女性が大好きなのか?
何にしても女性差別番組だ


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: NHKは解体すべき パーマリンク