2008.04.14~自立生活プログラム(アポロワン計画)

「生活パターン(現在)」(PDF 2008.04.14作成)これをまとめて次回に私の望む将来の生活を考える、その第一歩となる。

自立生活プログラム

 機能訓練の期間の延長について国立別府重度障害者センター指導課の無能さと無責任さをOT(作業療法)で愚痴ってたら担当のOT(作業療法士)が進路についての窓口になってくれる事になった。その1回目のミーティングでまず現在の生活パターンを整理して今後の希望する生活パターンを決めることになった。

「生活パターン(現在)」とは国立別府重度障害者センターに入所していた2008年4月頃の生活パターンである。

この後に

2008.12.02~09 試験外泊
2009.01.13~ 自立生活-某206号室

と続く。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 頸髄損傷者の憂鬱 パーマリンク