障害者用ICカード、関東の鉄道で2022年後半導入

障害者用ICカード、関東の鉄道で2022年後半導入 – Impress Watch より

6/14(月) 8:00
配信
Impress Watch
障害者用ICカード、関東の鉄道で2022年後半導入

2022年度後半を目処に、関東の鉄道事業者において「障害者用ICカード」を導入する。国土交通省は11日、赤羽大臣によるバリアフリーの取り組みに関する4つの大臣指示の内容を公表、障害者用ICカードやウェブによる障害者用乗車券・乗船券の予約・決済などが盛り込まれている。

大臣指示の内容は以下の4点。

・障害者用ICカードの導入
・特急車両における車椅子用フリースペースの導入
・ウェブによる乗車船券等の予約・決済の実現(マイナポータルとの連携を含む)
・精神障害者割引の導入促進

障害者用ICカードについては、関東の鉄道事業者間において、2022年度後半の導入を目指すことで合意し、システム改修など実務的な検討に着手した。また、バスについても、関東圏での導入に向けて、議論を進めていく。

特急車両における車椅子用フリースペースの導入は、一部の新幹線などで進められているが、計画的に推進していく。

ウェブによる障害者用乗車船券等の予約・決済は、知的障害者の資格情報のマイナポータル連携も想定。精神障害者割引の導入促進とともに、具体的な方向や目標などを検討していく。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 障害福祉 パーマリンク