iPhoneを使い倒そう! クラウドサーバーをファイルアプリで使って容量節約

iPhoneを使い倒そう! クラウドサービスを使って容量節約

無料のクラウドを使ってiPhone内のファイルをクラウドサーバーに保存する。

今回はMicrosoftのOneDriveとGoogle Drive(Googleドライブ)を使う。

MicrosoftとGoogleのアカウントは取得済みで進めるので悪しからず。

Word、ExcelファイルはOneDrive(5GB)
動画や画像のバックアップはGoogle Drive(15GB)
なんて感じで使う

MicrosoftのOneDriveをインストール

OneDriveをインストールする


無料で5GBの容量があるので、この画面が表示されたら「×」をタップする


Microsoftアカウントにログインしていたらこの画面が表示される

Google Driveをインストール

Google Driveをインストールする


「ログイン」をタップする


アカウントを選択する

ファイルアプリを開く

ファイルを開いて「ブラウズ」を開く


画面右上の「•••」をタップする


「編集」をタップする


OneDriveとGoogle Driveが追加表示されているのでスイッチをタップしてONにする


これでファイルアプリで使用できる
但し、移動は使えないのでコピー&削除する


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 頸髄損傷者の日常 パーマリンク