アジアではコロナ禍の死者が少ない理由は耐性

コロナ禍についての思い付き。
日本の感染者数や死者数はCPR検査が追いついていない為に当てにならないことや社会構造が違うことを無視していることを承知の上で。
新型コロナウイルスは中国の武漢でコウモリから人に感染して広がった。
つまりコロナウイルスは中国=アジア生息のコウモリが持っていたウイルスであってアジアでは過去にも何度かコウモリから人に感染したことがあってアジア人はコロナ禍をくぐり抜けてきた耐性の遺伝子を持っているのではないだろうか。
もしそうなら欧米やアフリカにおける新型コロナウイルス感染症による死者数が多い理由になる。
一例にマラリアがある。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク