日本が西洋諸国の植民地にならなかったのは宗教戦争のおかげ

日本が西洋諸国の植民地にならなかったのは宗教戦争のおかげだ。

カトリック、プロテスタント、イギリス国教会で西洋諸国が泥沼の戦いを繰り返していたから東端の島国まで軍隊が派遣できなかったんだ。

日本も戦国時代で血気盛んだったからカトリックが宣教師を派遣することしかできなくて血気盛んで植民地化はやばいと判断したろうな。

それに東洋の猿に鉄砲渡しても数年で国内生産されるとは思いもしなかったんだろうな。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク