神戸西署、署長と副署長も新型コロナウイルス感染 応援で120人配備

新型コロナウイルス感染者に対する差別はダメだけれど愚行は批判はされるべきだ。

神戸新聞NEXT | 総合 | 神戸西署、署長と副署長も感染 応援で120人配備 | 神戸新聞NEXT より

神戸西署、署長と副署長も感染 応援で120人配備
2020/04/13 12:15

神戸西署長らの新型コロナウイルス感染を受け、会見する加藤晃久兵庫県警本部長=神戸市中央区下山手通5

 兵庫県警は13日、神戸西署の署長と副署長=いずれも50代男性=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同署員の感染は10人目で、そのうち幹部の感染は5人目。県警では計11人となった。
 県警によると副署長は11日に発熱し、12日に陽性を確認。署長は12日に発熱し、13日に陽性が分かった。いずれも容体は安定しているという。
 同署の警部以上の幹部(15人程度)は人事異動翌日の3月27日から同署で最初の感染者が出た4月7日まで、業務を報告する「朝会」を毎朝15分ほど署長室で開いていた。このうち署長、副署長を含め、感染が判明した5人は3月27日夜、居酒屋で開かれた懇親会にも参加していた。
 県警は署長と副署長を治療に専念させるため、一時的に城垣敦夫監察官を神戸西署長に、長谷川幸造警察学校管理官兼副校長を同署副署長に異動させた。同署では現在、約120人が自宅待機になっており、県警は1日20人の「集団警ら部隊」など本部からの応援態勢として120人を配備した。
 加藤晃久本部長は13日、会見を開き、「県民の皆様にはご心配をおかけしているが、管内の治安確保に十分な体制を確保した。引き続き総力を上げ、安心していただけるよう努める」と話した。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク