地車(だんじり)の起源

地車(だんじり)の起源を調べてみると意外に見つからない。

岸城神社|岸和田城下総鎮守|岸和田祭発祥の宮|だんじり祭


『御神灯のはじまり
文書には、それまで牛頭天王社の神事に伴って氏子は神賑行事は行なっていなかったのですが、 城下の町方五町(北町・魚屋町・堺町・本町・南町)の一つ北町の茶屋新右衛門が、 上方の祭礼(大坂三郷の夏祭と思われる)の賑わいを見聞し感動。 町内の者と相談の上、今年からは家々の門前に御神燈を上げたい旨を藩に願い出ました。

これを受けて、延享2年(1745)6月には藩主の許可が下り、家々の軒に亀甲印の提灯が立てられるようになりました。 同年8月の八幡社の神事に際しては、藩主から大幟4本と紋入りの小幟20本、さらに枠入りの太鼓台を賜りました。

この太鼓台には紅色の投頭巾に采配を持った子供たちが乗り込み、 チョーサヤの掛声を囃しながら 城下・城内を練り廻りました。 このときの太鼓の型式や装束は、現在の大阪天満宮の「天神祭」、生國魂神社の「いくたま夏祭」などで 見ることができる、大坂の夏祭の定番のものでした。

祭のはじまり
「ダンジリ」の初見は、翌年の延享3年(1746)8月。 町方の五町が作り物を載せた軽い引き檀尻を出し、以後、村方と浜方も檀尻を出すようになりました。 この頃の檀尻は現在のダンジリのように様式が統一されたものではなく、 人形などを載せた小型の「引檀尻」や「担檀尻」であり、獅子舞が出る年もありました。

村方・町方・浜方は、「三郷の寄合」を重ね、祭礼に関する様々な取り決めを行いました。

延享2年(1745)、上方の祭の賑やかな様子に感動した北町住人の茶屋新右衛門が その話を人々にし、町内で相談したところ、六十人賛成し、新右衛門が奉行所に願いでて、 五代岸和田城主岡部長著公が許可し、町中に印付の小幟に二十本と、わくいりの太鼓一つが下げ渡されました。 町では亀甲印の提灯を六十張ととのえ、建木をから傘屋の伊賀谷重次郎に調製させて、 祭の前夜と当日に、この提灯を家々の軒に建てたと云われています。』


上野天神祭とは ~ 上野天神祭の概要・歴史 | 上野天神祭 公式サイト


『だんじり行列のなりたち
今日、楼車を出す本町筋・二之町筋の町々でも様々な練物が出されていました。たとえば中町では、1731年(享保16年)の天神祭礼で、鷹匠の練物から母衣武者(ほろむしゃ)の練物へと変更されたと考えられています。小玉町では、1751年(寛延4年)の天神祭礼から、今日に続く七福神の練物が登場しています。

本町通を巡行するだんじり
つまり、楼車は、それらの練物より少し遅れて登場します。江戸時代には、「台尻」「檀尻」と表記され、また「山鉾」とも呼ばれた楼車は、18世紀後半の登場と考えられています。1756年(宝暦6年)の向島町の「花鉾」や、1759年(宝暦9年)の中町の「其神山」がその原初とされています。
3.出し物の固定化と菅公千年大祭

1802年(享和2年)の菅公九百年祭を契機として、19世紀前半(化政期)に現行の行列形態が、ほぼ固定化しました。その様子は、1840年(天保11年)の版画「伊賀上野天満宮祭礼九月廿五日行列略記」(版木は、伊賀市指定文化財)に詳しく描かれています。』


だんじり歴史|和⽥神社

神戸市兵庫区
『だんじり歴史|和⽥神社

六、だんじり歴史

はじまり

和田宮のだんじりは、約300年前の江戸時代には既に曳かれていました。
岡方総会所に残された古文書の元文3年5月の記事に

『和田宮祭礼に付出在家町之ねり見物ニ来リ候へと南濱御両人より昨今共使参(後略)』

とあり南濱の名主から岡方の名主に対してだんじり見物を招待しているように、和田宮の春祭は南濱の一大盛儀として行われていました。
当時は船で大阪や泉大津また淡路などのだんじりが兵庫にやってきました。
そのころ『兵庫津』は大いに栄え廻船問屋が軒を連ね、だんじりを購入したり新調したりする旦那衆には事欠かなかったものと思われます。
また幕府の締付けがあったにもかかわらず、祭りは年々派手になり経済力を持った町衆によりだんじりにもお金に糸目をつけず新調・購入されていきました。
だんじりは宮大工よりも船大工の方が筋であるという考えが一般的であり、船大工町という名前が残っているように、船大工により新調されただんじりも数多くあったのではないかと考えられています。』


淡路島の歴史と神話 | 淡路島について | 淡路島観光ガイド


『淡路だんじり祭りについて
淡路島で開催されているだんじり祭りは、永享8年(1436)に第102代後花園天皇が尾張の国島津祭の時 に、11隻の船に幕を張り幟を立てて、祭りにまぎれて台尻という役職についている大隅守を攻め討ち取った時、「皆の衆台尻を討ち取ったり!」と歓喜したという。
その後、飾り船を『台尻』と呼ぶようになり、陸上にも台尻を造り祭りに出すようになったのが始まりとされています。

元禄3年(1690)、洲本の庄二郎または与二郎という船頭が九州の日向の国(宮崎県)へ行った際、古物商から屋台を買って帰り、同年8月の洲本八幡神社の祭礼に出したのが起源だと言われています。
このだんじりは大勢で綱を持って町内を曳き歩くものでした。そのとき各地で起こった出来事を面白おかしく風刺的にやったのが有名になりました。』

淡路島の春は、「だんじり」とともにやってくる。 | 神戸っ子


『《淡路のだんじりは何処から・・・》

 淡路島のだんじり(壇尻)は台尻の転化したもので、『淡路の誇り(下巻)』によると永享8年(1436)に第102代・後花園天皇が、尾張の国島津祭の時に土地の人達が相談して11隻の船に幕を張り幟を立て、「台尻」という役職についていた大隅守を攻め討ち取った時、「皆の衆台尻を討ち取ったり!」と歓喜したという。その後、飾り船を『台尻』と呼ぶようになり、陸上にも台尻を造り、祭りに出すようになった。

【陸から・・・?】

 淡路島のだんじりの始めは、元禄3年(1690)当時、洲本の庄二郎または与二郎という船頭が交易のために九州の日向の国(宮崎県)へ行った際、古物商から屋台を買って帰り、官府の許可を得て同年8月の洲本八幡神社の祭礼に出したのが起源だといわれている。このだんじりは大勢で綱を持って町内を曳き歩いた。そのとき各地で起こった出来事を面白おかしく風刺的に行ったのが有名になった。これに刺激された他の村落でも、次々とだんじりが造られるようになり、また時代と共に造りにも改良が加えられていった。
寛保3年(1743)頃からだんじりは大型化し、舞台付のだんじりが造られて、浄瑠璃入りで演芸なども取り入れられるようになった。

【海から・・・?】

 舟だんじりの始めは、元禄6年(1693)郡家浦の船乗り12人が乗った江戸廻船が、伊勢の大王崎で嵐のため遭難にあったが、何とか無事に助かったことから、海と船に感謝した浦人が、舟だんじりを伊弉諾神宮に奉納したのが始まりだといわれている。
 享保16年(1731)、洲本の漁師町で造ったのは朱塗りの船で、天幕、吹抜、引き幕などの飾りをつけて、だんだん豪華なものになっていった。
 各地の浦(漁師町)では多くの舟だんじりが祭礼に出された。伊弉諾神宮の他にも、鳥飼八幡神社や塩田の春日神社、湊口八幡神社などの村落にも次々と舟だんじりが造られ、船や車に幕を張り、旗や幟をたてて飾りたてたようである。
 寛保3年(1743)ごろから、だんじりは大型化し、浄瑠璃入りで演芸などを行う地域も出てきた。 その後、曳きだんじりが屋台風と五重の布団だんじりに代わっていく。』


2018/12/02

離島の地下に眠る“開かずの箱” 実はだんじりのルーツ? | 神戸新聞NEXT


『離島の地下に眠る“開かずの箱” 実はだんじりのルーツ?

 兵庫県南あわじ市の離島・沼島(ぬしま)の中区公会堂地下に、地元で「箱だんじり」と呼ばれる大きく黒ずんだ箱が保管されている。大阪府岸和田市など泉州を中心に、各地で受け継がれる「だんじりの元祖」が、実は沼島にあった?

 岸和田だんじり会館(大阪府岸和田市)によると、岸和田の祭りは江戸時代の1703年を起源とし、当初のだんじりは長持(ながもち)に車輪を付けたような簡素なもの。その後、装飾や彫刻が施されて巨大化した。およそ300年前の現物は、岸和田市にも残っていないという。
 一方、沼島の中区公会堂地下に眠る巨大な箱。大きくて外に出すこともままならず、静かに安置されている。
 公会堂の2階に古新聞を見つけた。「果たして箱ダンジリ?」「寸法、型式ほぼ同じだが」の見出しが躍る。幻とされていた原始的なだんじりが沼島にあることを突き止めたという、岸和田市のグループの活動を詳しく伝えている。
 昭和50年代とみられる記事は、沼島の箱には車輪を付けた跡があり、長さ1・5メートル、幅70センチ前後の古文書のものと同型と指摘する。ただし、箱だんじりと断定する材料がなく、「これこそ初期のダンジリそのもの」「いや単なる長持」と議論を呼んでいる-と結ぶ。
 地下の箱を見せてくれた中区の藤田学さん(48)は「地元では江戸時代の箱だんじりと言われとるけど、詳しくは知らんのや」と苦笑い。「誰も箱を開けたことがない。中にはいったい何が入ってるんやろ」と首をかしげる。
 真相は謎だが、岸和田市など泉州と沼島は、船で行き来する漁師を通じて交流が深く、文化や言葉遣いが似ているという。
 交流は今も続く。岸和田市などの祭りに参加する大阪府忠岡町の櫻井保仁さん(56)は、数年前から沼島の春祭りに参加している。趣味の釣りで島を訪れるうち、“だんじり愛”を通じて祭りに加わるようになった。「よそもんでも受け入れてくれたのがうれしい。同じだんじりの祭りでも、沼島は海に入るなど違うところがあって新鮮。毎年訪れたい」と話す。
 海を隔てたつながりは、今も生き続けている。(上田勇紀)』


起源とは別に興味深い。
Osaka’s Danjiri Festivals: Beyond Kishiwada – Kansai Odyssey


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 雑記 パーマリンク