iPhoneを使い倒そう!タッチパネル用マウススティックのポインタに危機がやってくる!

タッチパネル用のマウススティックを現在病院の作業療法士(OT)と作製中だけど、
思わぬところに落し穴が待ち受けていた。

マウス部分やシャフトや、それらを接続する為の部材は試行錯誤しながらも決まってきて最後に残ったポイントがポインタとなった。

これが落し穴なのだ。

世の中にはスマホが溢れまくって高齢者用のスマホがテレビショッピングで売られまくっているタッチパネル全盛の時代になっているにもかかわらずである。

マウススティック用のポインタに危機がやってきつつあるのだ!

それはタッチペンの先端部がゴムから「導電繊維」に変わりつつあるのだ!

このありさま

これまでタッチペンのゴム製の先端はどれを選べば良いか迷うほどの品揃えだったのが、
いざ探し始めたらゴム製の先端だけ取り扱い中止になっていたり、取り寄せでかつ高価になっている。

導電繊維の先端でもスマホならどうにかこうにか使えなくはない。
しかし、顎が疲れるし歯はも悪い。
それにグリップが効かないのでキーボードが打てない!

ヤバイ!


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 頸髄損傷者の憂鬱 パーマリンク