マウススティックの作り方 ver.2.0.20 材料

お詫び:記事は未完成です。

マウススティック作製マニュアル – 脊髄損傷作業療法研究会の改良及び現時点での材料リスト

スマホ・タッチパネルを操作できるマウススティックの作り方
材料

■ マウスガードジスク

マウスピース(口に咥える部分)

マウスガードジスク クリア 厚さ3.0mm、127×127mm 1箱24枚入 山八歯材工業
 
単品では四角い透明な樹脂なので見えない。

メーカーサイト:マウスガード関連 | 専用ジスク | 山八歯材工業株式会社
¥4,700-/24枚 約¥196-/1枚

今回の購入先
マウスガードジスク クリア 厚さ3.0mm、127×127mm 1箱24枚入 山八歯材工業の通販はau Wowma! – 元気爽快 Wowma店

一般向けに販売しているサイトは少ないよう。
1枚でマウスピースが2個作れる。

代わりにマウスガードジスク3A 3.0mm 8枚(3A MADES:輸入品)も使ってみる。
こちらは¥254-〜¥290-/1枚の価格なのでかなり割高。
山八歯材工業の製品と比べて使用感がかなり硬いので代用にはならない。
 
 これは半透明
購入したのは手近に3.0mmの厚さがなかったので、1.5mmの厚さの製品を4枚重ねて使用。
今回の購入先
マウスガードジスク3A 1.5mm(8枚) | Amazon

■ アルミパイプ

スティック部分及び接続部分
4mm径
光 アルミパイプ 4丸×395mm AP395-4

5mm径
光 アルミパイプ 5丸×395mm AP395-5

今回購入したアルミパイプでは4mm径をスティックにすると5mm径のアルミパイプがちょうど良かった。
また、カーボンファイバーロッド4mm径もアルミパイプ5mm径にちょうど良かった。

カーボンファイバーロッド3mmをスティックに使う場合にはカーボンファイバーロッドを紙やすりで少し削るとアルミパイプ4mm径に入った。

メーカーによって内径が異なる場合があると思われるので可能ならホームセンターで現物で確認して購入することを勧める。

単価は安価で通販なら¥75-〜¥90-/1本(395mm)+送料で2本以上から販売とか様々。

■ カーボンファイバーロッド

スティック部分
3mm・4mm

4mm

軽量で硬いので使いやすい。
強度は3mm・4mm共に問題無い。

扱いには注意が必要なので、こちらのサイトを必ず参照して注意すること。
スポーツカイト・レポート

今回の購入先
uxcell カーボンファイバー製バー ロッド RC飛行機ポール対応 直径4mm 長さ400mm 5本入 | Amazon
¥176-/マウススティック1本
中国製でメーカー出荷になるので注文してから納品まで10日以上掛かる。
別のメーカーの購入先
ABC HOBBY カーボンロッド 4mm×500mm 71062 | Amazon
¥550-/マウススティック1本
かなり高価になる。

■ タッチペン(先端)

ポインタ用

■ 収縮チューブ

接続部分の補強用

今回の購入先(メーカー直販)
スマホ:収縮チューブφ6.0mm 2m黒_DZ-TR60/K 09-1573|オーム電機ダイレクト
PC:収縮チューブ φ6.0mm 2m 黒 [品番]09-1573|株式会社オーム電機

■ 導電性テープ

ポインタ接続部分の補強用

Teenitor 導電性アルミテープ 幅20mmx長さ30mx厚さ0.067mm

タッチペンのペン先を固定するのに便利だった。

工具

■ 鉄鋸の歯

カーボンファイバーロッド・アルミパイプ・タッチペン切断用

■ 紙やすり

金属用の紙やすり

 


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: とある頸損の超文書目録インデックス パーマリンク