福島県南相馬市での取り組みの紹介と缶バッジ販売ご協力のお願い

福島県南相馬市での取り組みの紹介と缶バッジ販売ご協力のお願い: DPI Vooo! (a Voice Of Our Own)

福島県では依然として作業所の仕事は厳しい状態にあり、働く場を取り戻すための取り組みとして、南相馬市内の福祉作業所が連携し仕事おこしや、土壌汚染除去などの取り組みを行っています。

この記事では、南相馬市で作業所の仕事おこしとして缶バッジ販売を開始しましたので、販売ご協力のお願いと放射能の土壌汚染除去の取り組みの紹介です。缶バッジは既に販売開始しておりますので、多くの方にご協力いただけますようお願いいたします。

1.缶バッジ販売のご協力のお願い

南相馬市内の福祉作業所が連携し、南相馬ファクトリーを結成し、仕事おこし第一弾として、缶バッジ販売を開始しました。

バッジのイラストは、障がいを持つ仲間や、作業所で働く職員のデザインです。作る仕事・袋につめる仕事・発送する仕事などを仲間の仕事として分担し、売り上げを工賃として支払います。沢山の方に缶バッジをつけていただき、福島の取り組みを伝え、新たな繋がりを広げてください。バッジと一緒にひまわりの種が入っています。来年(5~6月)その種を蒔き、秋に種が取れたら、植える分を残して福島に送ってください。その種が、またあらたな仕事おこしにつながります。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 社会的事業所(ソーシャルファーム) パーマリンク