「これでは客室の浴室・トイレに入れない」 東京都バリアフリー条例改正案

毎日新聞に掲載されました「これでは客室の浴室・トイレに入れない」東京都バリアフリー条例改正案 : DPI 日本会議より
毎日新聞に掲載されました
「これでは客室の浴室・トイレに入れない」
東京都バリアフリー条例改正案
2019年01月21日

先日、東京都の宿泊施設のバリアフリー化の整備基準「客室内の経路幅及び便所浴室の出入口幅共に70cm以上」について、車イス利用者が利用することができる適切な基準なのか検証したことについて、毎日新聞に掲載されました。

現状の改正案では、多くの車いす利用者が使えない基準となり、引き続き、見直しを求めていきます。

▽「これでは客室の浴室・トイレに入れない」都バリアフリー条例改正案、障害者団体が見直し訴え」
毎日新聞 2019年1月21日

(一部引用)

2020年東京五輪・パラリンピック開催を控え、東京都が示した改正バリアフリー条例の素案に対し、見直しを求める声が上がっている。

全国に先駆け、ホテルの一般客室をバリアフリー化する内容だが、示された基準では一部の車いすが浴室やトイレに入れなくなるからだ。

都は実験をせず、机上の検討で基準を決めたといい、障害者団体はバリアフリー促進を歓迎しつつも「誰でも使えるようにしてほしい」と訴えている。

・・・

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 福祉のまちづくり, 障害福祉 パーマリンク