神経科学:平行した経路が疼痛経験に対して異なる行動応答を駆動する

Nature ハイライト:平行した経路が疼痛経験に対して異なる行動応答を駆動する | Nature | Nature Researchより
神経科学: 平行した経路が疼痛経験に対して異なる行動応答を駆動する
Nature 565, 7737

2019年1月3日

侵害刺激は、ヒトや動物で2つの別個の行動応答を引き起こす。損傷を防ぐために即座に身を引く防御的行動と、その後の、損傷した部位の疼痛を緩和するための対処応答である。これらの2つの行動プログラムが神経回路のレベルでどのように関連しているのかについては、まだほとんど分かっていない。今回Q Maたちは、疼痛を生じさせる侵害刺激を経験した後の損傷部位への疼痛緩和応答を直接的に制御する脊髄中のニューロンの特定のサブタイプを明らかにしている。このサブタイプが含まれる回路は、侵害刺激経験中に起こる防御的応答には完全に無関係である。この研究は、疼痛関連情報を末梢から脳へ伝達する異なる別個の経路があり、それぞれが全く異なる行動応答を制御していることを示している。体性感覚系におけるこの下位区分を考慮することは、どちらか1つの経路にのみ影響する可能性のある前臨床疼痛研究の結果を解釈する際に重要である。


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク