イオンは店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにする「イオン脱炭素ビジョン2050」を策定した

「イオン 脱炭素ビジョン2050」を(PDF)より
2018年3月28日
イオン株式会社
「イオン脱炭素ビジョン2050」を策定
 イオンは「脱炭素社会」の実現をめざし、「イオン脱炭素ビジョン2050」、および、中間目標として2030年の温室効果ガスの排出削減目標を策定しました。
 店舗で排出するCO2等を排出総量でゼロにすることを目指すとともに、店舗をご利用くださるお客さま、商品の製造、物流等、サプライチェーン全体に関わるお取引先さまをはじめ、すべてのステークホルダーの皆さまとともに、社会の脱炭素化に取り組みます。

イオン脱炭素ビジョン2050

イオンは、3つの視点で温室効果ガス(以下、CO2等)
排出削減に取り組み、脱炭素社会の実現に貢献します。

[店舗] 店舗で排出するCO2等を2050年までに総量でゼロにします。
[商品・物流] 事業の過程で発生するCO2等をゼロにする努力を続けます。
[お客さまとともに] すべてのお客さまとともに、脱炭素社会の実現に努めます。

【中間目標】
店舗で排出するCO2を2030年までに総量で35%削減します。(2010年比)

 中間目標達成にあたっては、店舗・事業所運営におけるCO2発生源の約9割を占める電力使用について、省エネの取り組みをさらに進め、事業の成長を維持しながら総量で年1%以上の削減に挑戦します。また、これまで取り組んできた環境配慮型のモデル店舗「スマートイオン」を脱炭素の視点でさらに進化させ、標準的な店舗と比較してCO2排出量を50%削減する「次世代スマートイオン」の開発に着手します。
 こうした取り組みと合わせ、太陽光パネルの設置の推進や、外部から調達する電力を再生可能エネルギーに転換することで、CO2排出量を削減します。
 なお、本ビジョン策定を機にイオンは、国際社会全体で再生可能エネルギーへの転換を実行すべく「100%再生可能エネルギーでの事業運営」を目標に掲げる国際イニシアティブ「RE100」に、日本の大手小売企業として初めて参画しました。
 また、中間目標は、「パリ協定」の「2度目標※」達成に向けて取り組む国際イニシアティブ「ScienceBasedTargets(SBT)」の目標算定基準に則して策定しており、SBTより科学的整合性を認定される見込みです。
 イオンはこれまでもCO2排出削減に向けて取り組んでおり、2008年には、日本の小売業として初めてCO2の排出削減目標を定めた「イオン温暖化防止宣言」を発表し、2011年に目標を1年前倒して達成しました。これを受け同年、取り組みの柱のひとつに「低炭素社会の実現」を含む「イオンサステナビリティ基本方針」を策定するなど、企業成長と社会の発展を両立させるサステナブル経営を推進しています。
 「持続可能な開発目標(SDGs)」、「パリ協定」の発効など、世界的に脱炭素化の動きが高まるなか、イオンは本ビジョンのもと、グループをあげて目標達成に向けて取り組み、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
※世界の平均気温上昇を工業化以前から2度以内に抑えるという目標


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: エコロジー(生態学), 気になるニュース パーマリンク