人が悲しみを感じる時、脳はどのような反応を示すのか? – GIGAZINEリンク

扁桃体と海馬
人が悲しみを感じる時、脳はどのような反応を示すのか? – GIGAZINEより
2018年11月12日 06時00分 サイエンス
人が悲しみを感じる時、脳はどのような反応を示すのか?

2018年11月8日に医学・生化学・分子生物学などのライフサイエンス分野における世界最高峰の学術誌であるCellに掲載された研究論文で、脳内で行われる電気的なやり取り、つまりは脳の領域が互いに情報をやり取りすることについての分析結果が報告されています。これによると、人は不安を感じたりうつ状態などに陥ったりしている際、記憶と感情に関わる脳の特定の領域での情報のやり取りを増加させるそうです。

An Amygdala-Hippocampus Subnetwork that Encodes Variation in Human Mood: Cell
https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(18)31313-8

What Does Sadness Look Like in the Brain?
https://www.livescience.com/64043-sadness-brain-activity.html

研究者によると、気分が落ちている時に脳内の特定領域で増加するやり取りは、何が原因で起きるのかは記事作成時点では明らかになっていないものの、脳のどの部位の活動が活発になっているのかは特定することに成功したとのことです。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース, 自然科学(サイエンス) パーマリンク