「AmazonプライムデーのダウンはOracleからのDB乗り換えが原因ではない」とAmazonのCTOがCNBCの報道を否定 – GIGAZINEリンク

「AmazonプライムデーのダウンはOracleからのDB乗り換えが原因ではない」とAmazonのCTOがCNBCの報道を否定 – GIGAZINEより
2018年10月26日 13時00分 ネットサービス
「AmazonプライムデーのダウンはOracleからのDB乗り換えが原因ではない」とAmazonのCTOがCNBCの報道を否定

日本時間で2018年7月16日の正午に始まったAmazonプライムデー2018の開始直後、サーバーがダウンして約1時間にわたってアクセス障害が発生しました。アメリカのCNBCはAmazonの内部文書をもとに、「サーバーダウンはDBをOracleから自社製に乗り換えたこと」が原因であると報じましたが、AmazonのCTO(最高技術責任者)であるWerner Vogels氏が「馬鹿げたミスリード誘導記事だ」と完全否定する事態となっています。

CNBCは現地時間の2018年10月23日、Amazonプライムデーのサーバーダウンはデータベースを従来のOracleからAWS Auroraに乗り換えて十分な準備を行っていなかったことが原因であるという記事を掲載しました。そこで取り上げられていたのは、個別の取引によって生成される「savepoint」の量が膨大になってしまったためにシステム全体の処理速度が異常に低下してしまったという状況です。


私はオラクルが嫌いです。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク