第17回全国車いすアクセス・マニア集会in仙台 10/13,2018

第17回全国車いすアクセスマニア集会in仙台

10/13,2018(土曜日) 13時~16:30時
場所:仙台市太白区中央市民センター3階中会議室

住所:太白区長町5丁目3番2号
tel:022-304-221
平成11年6月に開館。地下鉄南北線長町駅に直結した再開発ビル(たいはっくる)内
http://www.sendai-shimincenter.jp/taihaku/taihakuchuou/index.html
●アクセス:
市営地下鉄:南北線長町駅下車徒歩1分
JR東北本線:長町駅下車徒歩3分

開催目的、車いすアクセス・マニアとは

 自らの車いす(いろんな電動車いすも含む)で、様々な味を持って、街に出ていくことです。
 電車、バス、船、飛行機、タクシー、マイカー、その他乗り物すべてです。もちろん、乗り物が主な関心対象でなくてもOKです。飲食店、観光地、博物館や美術館、その他建物なら何でもOKです。
 要するに、自らの車いす(いろんな電動車いすも含む)で、様々な物事に興味を持って、アクセスすることに、楽しんでいる人の自慢話の集まりなのです。
 平成15年・東京都国立市で開催されて以来、京都・愛知・香川・福井・滋賀・茨城・神奈川・大阪・東京・神戸・京都・仙台・浜松・滋賀県長浜市で行われ、今回2回目の仙台市で17回目。
 「全国」というタイトルは、日本全国の車いすでのアクセスの話をするという意味です。
 けれど、車いすでの超おもしろいアクセスの最新の動向、全国各地のアクセス状況を目いっぱいご紹介します。
 年々、様々な車いす使用者が、多種多様にアクセスの領域を広げています。
 でも、”アクセス未領域”はまだまだ多く存在します。”これまでに先人のアクセス・マニアが苦難の努力の末に得て来たアクセス・マニア技術”をフルに発揮し、可能な限り、アクセスする勇者を
”車いすアクセス・マニア・エキスパート”と言う!
 なんだかんだと言っても、
車いすでアクセスする自慢話しの集会なのです。
 車いすのあなた!
あなたもこれから車いすアクセス・マニア・エキスパートになりましょう!

レギュラー講師

◎今福義明(アクセスジャパン代表)
 電動車いすユーザーとしての視点から徹底して、バリアフリー化を求めていく交通バリアフリーファイター。
「どこでも行く、年間1000回以上バスに乗る」を実践して、国内も海外も出かけている、
 車いすアクセスや交通問題の第一人者。

◎山名 勝(アクセス関西メンバー)
 ハンドル形動車イスの公共交通利用問題の第一人者。
 世界中で日本だけの、いわれなき乗車拒解消に執念を燃やし13年掛かって制度撤廃に成功した。
 単なる旅マニアでなく広い知見からアクセス問題を考え、情報提供している。
「どこにでも行こう車イス」
http://kurumaisyu.exblog.jp/

◎頼尊恒信(よりたかつねのぶ)((NPO法人CILだんない事務局長)
 都市圏の交通アクセスのデータベース化の研究に加わっていたが、近年では滋賀県北部のCIL設立に参加し、地方圏域のアクセス問題が関心事となっている。
 また、各地のバリアフリー応援やフェリー乗船を精力的に行っている。
NPO法人CILだんない
http://cil-dannai.jp/

「旅の話し」当日の発表者を募集しています。
(一人20分程度)

 話しだけでもOKですが、プロジェクターで写出来る準備をしていますので、写真があればスライドやパワーポイントのデータをUSBメモリーでご持参ください。

問い合わせ・事前申し込みは
「下記へメールしてください。

(今福)accesstry@gmail.com(@は半角に)
(CILたすけっと) 022-248-6054


関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 福祉のまちづくり, 障害福祉 パーマリンク