シニアカー(電動車いす)の男性、特急にはねられ死亡 和歌山の踏切

電動車いすの男性、特急にはねられ死亡 和歌山の踏切:朝日新聞デジタルより
電動車いすの男性、特急にはねられ死亡 和歌山の踏切
2018年6月21日21時12分

 21日午後4時50分ごろ、和歌山市吹屋町5丁目のJR紀勢線水道踏切内で、ハンドル型電動車いすの男性が、白浜発新大阪行きの特急くろしお(乗客約100人)にはねられた。市消防局によると、男性は60~70代とみられ、病院に運ばれたが頭を強く打ち、約1時間半後に死亡した。乗客にけがはなかった。

 県警によると、列車の運転士が踏切内で立ち往生している男性に気づき、ブレーキをかけたが間に合わず衝突した。現場の踏切には警報機と遮断機があり、故障などは確認されていないという。和歌山東署が詳しい経緯などを調べている。

 事故のため紀勢線は一時運転を見合わせ、上下線計4本が運休するなど、約3100人に影響が出た。

 現場はJR和歌山駅から南に約800メートル。

関連記事Similar Posts:

カテゴリー: 気になるニュース パーマリンク